∽ 日月🌞☽☆ 12ヵ月毎日連続説法ブログ一覧

 

 

第1月( 1~4 週)

 

 

第3月( 9~12週)

 

  

第5月(17~20週)

 

 

第7月(25~28週)

 

 

第9月(33~36週)

 

 

第11月(41~44週)

 

 

 

第2月( 5~8 週)

 

 

第4月(13~16週)

 

 

第6月(21~24週)

 

 

第8月(29~32週)

 

 

第10月(37~40週)

 

 

満一歳(45~48週)

 

 

 



1- 1日 このように我は聞いたのだ 【序品第一】

1- 2日 諸仏の知恵は難解難入なり 【方便品第二】

1- 3日 舎利弗の喜びと疑問 【比喩品第三】

1- 4日 四大弟子、年ならびに朽邁せり 【信解品第四】

1- 5日 世尊、大弟子に善哉という 【薬草諭品第五】

1- 6日 声聞弟子への授記 【授記品第六】

1- 7日 前世の関係 【化城諭品第七】


1- 8日 化城を過ぎて再スタート【五百弟子受記品第八】

1- 9日 侍者阿難と佛子羅睺羅 【授学無学人記品第九】

1-10日 菩薩と法師 【法師品第十】

1-11日 豪華絢爛な巨塔、地中から出現 【見宝塔品第十一】

1-12日 法華経を求むるに怪訝なし 【提婆逹多品第十二】

1-13日 釈迦への大きな誓い 【勸持品第十三】

1-14日 文殊師利と釈迦の関係 【安楽行品第十四】

 

1-15日 他国から来た菩薩集団の請願 【従地涌出品第十五】

1-16日 如来の誠諦の言葉 【如来寿量品第十六】

1-17日 長遠な寿命を知ることの大功徳 【分別功徳品第十七】

1-18日 随喜できることの功徳 【隨喜功徳品第十八】

1-19日 六根清淨の功徳 【法師功徳品第十九】

1-20日 我、常に汝らを軽しめず 【常不軽菩薩品第二十】

1-21日 如來本領の大神力 【如來神力品第二十一】

 

1-22日 同類の証明 【属累品第二十二】

1-23日 宿王華菩薩の疑問 【薬王菩薩本事品第二十三】

1-24日 淨華宿王智如來の国 【妙音菩薩品第二十四】

1-25日 無盡意菩薩、観世音菩薩を問う 【観世音菩薩普門品第二十五】

1-26日 薬王菩薩、右の肩を袒にし 【陀羅尼品第二十六】

1-27日 三藐三佛陀と名けたてまつる 【妙荘厳王本事品第二十七】

1-28日 遥か東方より普賢菩薩と大菩薩集団来る 【普賢菩薩勧発品第二十八】

 

  


3- 1日 学・無学人および菩薩摩訶薩も倶なり 【序品第一】

3- 2日 止みなん、復説くべからず 【方便品第二】

3- 3日 必ず大乗を以て度脱せらる 【比喩品第三】

3- 4日 我等をして三界を出で 【信解品第四】

3- 5日 世に出現すること大雲の起るが如く 【薬草喩品第五】

3- 6日 最後身に於て佛に成る 【授記品第六】

3- 7日 彼の久遠を観ること尚今日の如し 【化城諭品第七】

 

3- 8日 説法人の中に於て最も第一たり 【五百弟子受記品第八】

3- 9日 阿難は來世に於て當に作佛すべし 【授学無学人記品第九】

3-10日 人間に生れ、妙法華経を分別するなり 【法師品第十】

3-11日 釈迦牟尼世尊の所説は真実なり 【見宝塔品第十一】

3-12日 時に仙人あり、我大乗を有てり 【提婆逹多品第十二】

3-13日 尊顏を瞻仰して目暫くも捨てず 【勧持品第十三】

3-14日 云何なるをか親近處と名くる 【安楽行品第十四】

 

3-15日 娑婆世界の下、虚空の中に在せり 【従地涌出品第十五】

3-16日 我、実に成佛してよりこのかた 【如来寿量品第十六】

3-17日 昔より未だかつて聞かざる所なり 【分別功徳品第十七】

3-18日 人あって福を求めて、娯楽の具を給与せん 【隨喜功徳品第十八】

3-19日 八百の功徳ある殊勝の眼 【法師功徳品第十九】

3-20日 威音王如來の號は二万億佛、皆同じ 【常不軽菩薩品第二十】

3-21日 十方の諸佛世界、六種に震動す 【如來神力品第二十一】


3-22日 佛・如來・自然 三種の智慧 【属累品第二十二】

3-23日 彼の国には女人等・諸難あることなし 【薬王菩薩本事品第二十三】

3-24日 我當に娑婆世界に往詣すべし 【妙音菩薩品第二十四】

3-25日 ピンチを救う観世音菩薩 【観世音菩薩普門品第二十五】

3-26日 陀羅尼呪を与えて、守護すべし 【陀羅尼品第二十六】

3-27日 淨藏・淨眼、母に白して言さく 【妙荘厳王本事品第二十七】

3-28日 四法を成就せば、法華経を得べし 【普賢菩薩勧発品第二十八】

 


2- 1日 諸漏すでに尽した阿羅漢弟子たち 【序品第一】

2- 2日 われ成仏してよりこのかた 【方便品第二】

2- 3日 舎利弗の謝罪 【比喩品第三】

2- 4日 今まで弟子として喜べなかった 【信解品第四】

2- 5日 一切を見通し、一切を示す 【薬草喩品第五】

2- 6日 魔民あれども皆佛法を守護す 【授記品第六】

2- 7日 甚だ大に久遠なり 【化城諭品第七】

 

2- 8日 佛のみ我等が深心の本願を知しめせり 【五百弟子受記品第八】

2- 9日 學・無學の聲聞の弟子二千人 【授学無学人記品第九】

2-10日 衆生を愍むが故に此の人間に生ずるなり 【法師品第十】

2-11日 宝塔の中より大音声の響き 【見宝塔品第十一】

2-12日 誰か我に大乗を説かん者 【提婆逹多品第十二】

2-13日 我ら他国で説くべし 【勸持品第十三】

2-14日 四法に安住すべし 【安楽行品第十四】

 

2-15日 地中から涌出した娑婆世界の菩薩たち 【従地涌出品第十五】

2-16日 唯願わくは之を説きたまえ 【如来寿量品第十六】

2-17日 菩薩摩訶薩たちの大法利 【分別功徳品第十七】

2-18日 第五十人の隨喜功徳 【隨喜功徳品第十八】

2-19日 父母所生の清淨の肉眼 【法師功徳品第十九】

2-20日 威音王如來・劫を離衰、國は大成 【常不軽菩薩品第二十】

2-21日 広長舌を出し、無量光を放つ 【如來神力品第二十一】


2-22日 是の如く三たび作す 【属累品第二十二】

2-23日 日月淨明徳如來の寿は四万二千劫 【薬王菩薩本事品第二十三】

2-24日 白毫相の光、妙音菩薩を照したもう 【妙音菩薩品第二十四】

2-25日 観世音菩薩の名を唱えれば 【観世音菩薩普門品第二十五】

2-26日 陀羅尼呪を与えて、守護すべし 【陀羅尼品第二十六】

2-27日 妙荘厳王の夫人淨徳と二子淨藏・淨眼 【妙荘厳王本事品第二十七】

2-28日 遥か、法華経を聴受するために来たり 【普賢菩薩勧発品第二十八】

 



4- 1日  各王、天神、各々眷属と倶なり 【序品第一】(十六~三十行)

4- 2日  世雄は量るべからず 【方便品第二】(十八~二十三行)

4- 3日  我是の法音を聞いて 【比喩品第三】(十六~二十一行)

4- 4日  譬喩を説いて、義を明さん 【信解品第四】(十五~二十二行)

4- 5日  今世・後世、実の如く之を知る 【薬草喩品第五】(十九~二十五行)

4- 6日  無漏の後身 法王の子なる 【授記品第六】(十八~二十六行)

4- 7日  佛智は、無量劫を通逹す 【化城諭品第七】(十四~二十二行)

 

4- 8日  實に是れ聲聞なりと謂えり 【五百弟子受記品第八】(十八~二十四行)

4- 9日  然して後に正覺を成ずべし 【授学無学人記品第九】(十七~二十六行)

4-10日  廣く人の為に説かんをや 【法師品第十】(二十一~二十六行)

4-11日  宝塔の中に如來の全身います 【見宝塔品第十一】(十七~二十二行)

4-12日  、微妙の法を有てり 【提婆逹多品第十二】(十五~十九行)

4-13日  独我が名を説きたまわず  【勧持品第十三】(二十一~二十七行)

4-14日  是れを初の親近處と名く 【安楽行品第十四】(十八~二十七行)

 

4-15日  二世尊を瞻仰する間に五十小劫 【従地涌出品第十五】(二十~二十七行)

4-16日  一塵を一劫とせん 【如来寿量品第十六】<創刊第100号記念>(十九~二十五行)

4-17日  佛壽の長遠なることを聞いて 【分別功徳品第十七】(三十五~四十三行)

4-18日  是の大施主の所得の功徳 【隨喜功徳品第十八】(十八~二十五行)

4-19日  千二百の耳の功徳を得ん 【法師功徳品第十九】(十六~二十六行)

4-20日  我敢て汝等を輕しめず 【常不軽菩薩品第二十】(十九~二十五行)

4-21日  釋迦牟尼と名けたてまつる 【如來神力品第二十一】(十八~二十四行)

 

4-22日  汝等、諸佛の恩を報ずるなり 【属累品第二十二】(十一~十五行)

4-23日  法華經を聞くことを得る力なり【薬王菩薩本事品第二十三】(十五~二十行)

4-24日  八萬四千の衆寶の蓮華を化作せり【妙音菩薩品第二十四】(二十二~二十六行)

4-25日  商人聞いて倶に聲を發して【観世音菩薩普門品第二十五】(十八~二十六行)

4-26日  勇施菩薩、陀羅尼を説かん 【陀羅尼品第二十六】(十八~二十七行)

4-27日  汝等が父の爲に神變を現ずべし【妙荘厳王本事品第二十七】(十八~二十六行)

4-28日  便を得る者なからしむべし 【普賢菩薩勧発品第二十八】(十四~二十行)

 

 



 

第5-1日  大乗經の無量義・教菩薩法・佛所護念を説きたもう 【序品第一】(三十~三十五行)

5-2日  是の法は示すべからず 【方便品第二】(二十四~二十八行)

5-3日  未来に無上道の演説能わず 【譬諭品第三】(二十一~二十七行)

5-4日  子と離別して五十餘年説かず 【信解品第四】(二十二~二十八行)

5-5日  現世安穩にして後に善處に生じ 【薬草喩品第五】(二十五~三十行)

5-6日  然して後に乃ち敢て食せん 【授記品第六】(二十七~三十四行)

5-7日  諸佛の法現在前せず 【化城諭品第七】(二十三~二十六行)

 

5-8日  この土で阿耨多羅三藐三菩提を得べし 【五百弟子受記品第八】(二十四~二十九行)

5-9日  我ら大菩薩の授記を得るを聞かず【授学無学人記品第九】(二十七~三十四行)

5-10日  如來の肩に荷擔せらる 【法師品第十】(二十六~三十一行)

5-11日  塔の中より讃めて善哉善哉と言う【見宝塔品第十一】(二十二~二十八行)

5-12日  及び果瓜を採つて 【提婆逹多品第十二】(十九~二十四行)

5-13日  我ら他方の國土に於て、此の經を宣べん 【勧持品第十三】(二十七~三十二行)

5-14日  但因縁を以て有り、顛倒に生ず 【安楽行品第十四】(二十七~三十二行)

 

5-15日  菩薩衆の中に四導師あり 【従地涌出品第十五】(二十七~三十二行)

5-16日  中間に於て我然燈佛等と説き 【如来寿量品第十六】(二十五~三十行)

5-17日  昔より未だ曾てあらざる所なり【分別功徳品第十七】(四十三~四十八行)

5-18日  我今分明に汝に語る 【隨喜功徳品第十八】(二十五~三十二行)

5-19日  常の耳を以て三千世界の聲を聞かん【法師功徳品第十九】(二十六~三十六行)

5-20日  之を號して常不輕と爲く 【常不軽菩薩品第二十】(二十五~三十三行)

5-21日  通逹無礙にして一佛土の如し【如來神力品第二十一】(二十四~二十九行)

 

5-22日  世尊、願わくは慮有さざれ 【属累品第二十二】(十六行~十九行)

5-23日  香の六銖は價直娑婆世界なり【薬王菩薩本事品第二十三】(二十~二十九行)

5-24日  而も此の娑婆世界に來至して【妙音菩薩品第二十四】(二十七~三十三行)

5-25日  衆生あつて婬欲多からんに 【観世音菩薩普門品第二十五】(二十七~三十一行)

5-26日  毘沙門天王護世者、陀羅尼を説かん 【陀羅尼品第二十六】(二十八~三十五行)

5-27日  汝等が師は爲めて是れ誰ぞ 【妙荘厳王本事品第二十七】(二十六~三十二行)

5-28日  六牙の白象王に乗つて 【普賢菩薩勧発品第二十八】(二十~二十八行)

 



 

第6-1日  東方萬八千の世界を照したもう 【序品第一】(三十五~四十四行) 

第6-2日  一心に共に思求すとも 【方便品第二】(二十九~三十七行) 

第6-3日  邪を抜き涅槃を説きたまいし 【比喩品第三】(二十七~三十五行) 

第6-4日  展轉して父の舍に遇い到りぬ 【信解品第四】 (二十八~三十四行) 

第6-5日  如來の説法は一相一味なり 【薬草喩品第五】(三十行から三十六行) 

第6-6日  願わくは我等に記を賜え 【授記品第六】(三十四~三十九行) 

第6-7日  適めて此の座に坐したもう 【化城諭品第七】(二十六~三十三行)

 

第6-8日  諸天の宮殿近く虚空に處し   五百弟子受記品第八 · 二十九行~三十五行

第6-9日  侍者となつて諸佛の法を護持せん  授学無学人記品第九 · 三十四行~四十行 

第6-10日  是の人歡喜して法を説かんに  【法師品第十】(三十一行~三十七行) 

第6-11日  是の多寶佛深重の願います  【見宝塔品第十一】(二十八行~三十六行) 

第6-12日  王とは則ち我が身是れなり  【提婆逹多品第十二】(二十五行~二十九行) 

第6-13日  我當に云何がすべき  【勧持品第十三】(三十三行~三十八行) 

第6-14日  行處及び親近處に入るべし  【安楽行品第十四】(三十二行~四十一行) 

 

第6-15日  少病少惱にして安樂に  【従地涌出品第十五】(三十二行~三十八行) 

第6-16日  是の人の爲に我少くして出家し  【如来寿量品第十六】(三十行~三十四行) 

第6-17日  乃至能く一念の信解を生ぜば  【分別功徳品第十七】(四十九行~五十七行) 

第6-18日  最初、會中に於て聞いて隨喜せん  【隨喜功徳品第十八】(三十二行~三十五行) 

第6-19日  此に於て悉く之を聞かん  【法師功徳品第十九】(三十六行~四十三行) 

第6-20日  是の比丘終らんと欲する時  【常不軽菩薩品第二十】(三十三行~四十行)全文 

第6-21日  皆此の經に於て宣示顯説す 【如來神力品第二十一】(二十九~三十五行) 

 

第6-22日  諸佛各々所安に随いたまえ  【属累品第二十二】(十九行~二十三行) 

第6-23日  善哉善哉、是れ眞の精進なり  【薬王菩薩本事品第二十三】(二十九~三十五行) 

第6-24日  何なる三昧を行ずる  【妙音菩薩品第二十四】(三十三行~三十八行) 

第6-25日  皆觀世音菩薩の名號を受持すべし 【観世音菩薩普門品第二十五】(三十二行~三十六行) 

第6-26日  持國天王、呪を説いて曰さく   【陀羅尼品第二十六】(三十六行~四十一行) 

第6-27日  願わくは我が出家を聽したまえ   【妙荘厳王本事品第二十七】(三十二行~四十行) 

第6-28日  三七日の中に於て一心に   【普賢菩薩勧発品第二十八】(二十九行~三十六行)

 

 


  

第7-1日  何の因縁を以て此の瑞ある 【序品第一】(四十四行~四十九行)

第7-2日  示すに三乗の敎を以てす 【方便品第二】(三十七行~四十四行) 

第7-3日  亦方便を以て説きたもう 【比喩品第三】(三十六行~四十四行) 

第7-4日  窮子、疾く走つて去りぬ 【信解品第四】(三十四行~三十四行) 

第7-5日  即ち爲に一切種智を説かず 【薬草喩品第五】(三十七行~四十二行) 

第7-6日  須菩提は、最後身に於て佛に成爲 【授記品第六】(四十行~四十五行) 

第7-7日  十六の子あり、第一を智積という【化城諭品第七】(三十三行~四十一行)

014


第7-8日  一には法喜食、二には禪悦食なり 【 五百弟子受記品第八 】(三十五~四十二行) 

第7-9日  佛、羅侯羅に告げたまわく 【授学無学人記品第九】(四十一行~四十七行) 

第7-10日  衆を愍むが故に此に生ずるなり  【法師品第十】(三十八行~四十三行) 

第7-11日  彼の國の諸佛、大妙音を以て 【見宝塔品第十一】(三十六行~四十二行) 

第7-12日  廣く衆生の爲に妙法を説かん 【提婆逹多品第十二】(二十九~三十四行) 

第7-13日  佛前に於て師子吼を作して  【勧持品第十三】(三十八行~四十三行) 

第7-14日  寡女・處女及び諸の不男  【安楽行品第十四】(四十一行~四十八行) 

 

第7-15日  如來の慧に入りにき  【従地涌出品第十五】(三十九行~四十五行) 

第7-16日  如來の演ぶる所の經典は  【如来寿量品第十六】(三十四行~四十行) 

第7-17日  劫數に於て五波羅蜜を行ぜん 【分別功徳品第十七】(五十七~六十二行) 

第7-18日  身を轉じて生れん所には 【隨喜功徳品第十八】(三十五~四十行) 

第7-19日  三千大千界の内下の諸の音聲 【法師功徳品第十九】(四十三~四十八行) 

第7-20日  命終の後、二千億の佛に値いたてまつる  【常不軽菩薩品第二十】(四十行~四十六行) 

第7-21日  皆此の經に於て宣示顯説す 【如來神力品第二十一】(三十五~四十一行) 

 

第7-22日  皆大に歡喜す 【属累品第二十二】<最終回>(二十三~二十七行) 

第7-23日  所愛の身を捨てにき 【薬王菩薩本事品第二十三】(三十五~四十一行) 

第7-24日  八萬四千の菩薩と倶共に發來す【妙音菩薩品第二十四】(三十八~四十三行) 

第7-25日  二人の福、正等にして異なることなけん 【観世音菩薩普門品第二十五】(三十六~四十二行) 

第7-26日  爾の時に羅刹女等あり 【陀羅尼品第二十六】(四十二~五十行) 

第7-27日  佛には値いたてまつること得難し 【妙荘厳王本事品第二十七】(四十一~四十七行) 

第7-28日  皆是れ普賢威神の力なり【普賢菩薩勧発品第二十八】(三十六~四十五行) 

 

 

 

第8-1日  今當に誰にか問うべき  【序品第一】(四十九行~五十五行)

第8-2日  今是の義の所趣を知らず  【方便品第二】(四十五行~五十一行)

第8-3日  是れ魔の佛と作るには非ず  【比喩品第三】(四十四行~四十九行) 

第8-4日  子を見て便ち識りぬ  【信解品第四】(三十九行~四十三行) 

第8-5日  有を破する法王 世間に出現して 【薬草喩品第五】(四十二~四十八行) 

第8-6日  其の佛常に虚空に處して  【授記品第六】(四十五行~五十一行) 

第8-7日  一び座して十小劫  【化城諭品第七】(四十二行~四十七行)

 

 第8-8日  自ら是れ聲聞なり 佛道を去る  【五百弟子受記品第八】 (四十二行~四十七行)

第8-9日  現に我が長子となつて  【授学無学人記品第九】(四十七行~五十三行) 

第8-10日  是の佛子に供養して  【法師品第十】(四十三行~五十行)

第8-11日  彼の國の諸佛、大妙音を以て 【見宝塔品第十一】(四十三行~四十九行)

第8-12日  時に天王佛般涅槃の後、正法世【提婆逹多品第十二】(三十五~三十九行)

第8-13日  我等皆當に忍ぶべし  【勧持品第十三】(四十四行~四十九行)

第8-14日  菩薩の行處 智者の所親近處 【安楽行品第十四】(四十八行~五十二行) 


第8-15日  能く如來に於て隨喜を發せり 【従地涌出品第十五】(四十五行~五十行)

第8-16日  壽命無量阿僧祇劫、常住にして 【如来寿量品第十六】(四十~四十四行)

第8-17日  是の如きをも亦能く忍ばん 【分別功徳品第十七】(五十七行~六十二行)

第8-18日  經あり法華と名けたてまつる 【隨喜功徳品第十八】(四十行~四十七行) 

第8-19日  八百の鼻の功徳を成就せん 【法師功徳品第十九】(四十九行~五十五行) 

第8-20日  則ち我が身是なり  【常不軽菩薩品第二十】(四十六行~五十行) 

第8-21日  諸佛救世者 大神通に住して【如來神力品第二十一】(四十一~四十七行) 

 

第8-22日  【囑累品第二十二】は、第7-22日をもちまして終了致しました。

第8-23日  今故お現に在す  【薬王菩薩本事品第二十三】(四十二~四十九行) 

第8-24日  菩薩の目は廣大の青蓮華の葉【妙音菩薩品第二十四】(四十三~四十七行) 

第8-25日  執金剛神を現じて爲に法を説く 【観世音菩薩普門品第二十五】(四十三~六十六行) 

第8-26日  寧ろ我が頭の上に上るとも 【陀羅尼品第二十六】(五十一行~五十六行) 

第8-27日  妙莊嚴王の後宮の八萬四千人 【妙荘厳王本事品第二十七】(四十七~五十一行) 

第8-28日  采女の中に於て娯樂快樂せん 【普賢菩薩勧発品第二十八】(四十五~五十二行)

 



 

 

第9-1日  文殊師利 導師何が故ぞ  【序品第一】(五十五~六十四行)

第9-2日  舍利弗、四衆の心の疑を知り  【方便品第二】(五十一~五十六行) 

第9-3日  汝今 悉く忘れて  【比喩品第三】(五十~五十六行) 

第9-4日  使者、疾く走り往いて捉う  【信解品第四】(四十三~四十九行) 

第9-5日  雨普等にして 四方倶に下り 【薬草喩品第五】(四十八~五十二行)  

第9-6日  須菩提のなる名相佛の国は厳浄第一 【授記品第六】(五十一~五十八行)

 第9-7日  冥きより冥きに入り  【化城諭品第七】(四十七~五十一行)

 

 第9-8日  我が弟子是の如く 方便して衆生を度す  【五百弟子受記品第八】(四十七~五十一行) 

第9-9日  同時に十方の國に於て各成佛する  【授学無学人記品第九】(五十四~六十一行)  

第9-10日  若し一劫の中に於て  【法師品第十】(五十~五十五行) 

第9-11日  各一りの大菩薩を將いて  【見宝塔品第十一】(四十九~五十二行) 

第9-12日  佛前にあらば蓮華より化生せん  【提婆逹多品第十二】 (三十九~四十三行) 

第9-13日  利養に貪著するが故に  【勧持品第十三】(四十九~五十一行) 

第9-14日  安住して動ぜざること 須彌山の如くせよ  【安楽行品第十四】(五十二~五十七行) 

 

第9-15日  我等 昔より已來  【従地涌出品第十五】(五十一~五十五行)   第9-16日  當に滅度を取るべしと言う  【如来寿量品第十六】(四十四~四十八行) 

第9-17日  諸 の禪定の際を盡くさんと  【分別功徳品第十七】 (六十六~七十二行) 

第9-18日  憙うべからざる相あることなけん  【隨喜功徳品第十八】(四十七~五十一行) 

第9-19日  天上諸天の香を聞がん  【法師功徳品第十九】(五十五~六十一行) 

第9-20日  他人の爲に説かずんば  【常不軽菩薩品第二十】(五十~五十三行)  

第9-21日  是の經を屬累せんが故に  【如來神力品第二十一】(四十七~五十行)

 

 第9-22日  【囑累品第二十二】は、第7-22日をもちまして終了致しました。

第9-23日  我佛法を以て汝に屬累す  【薬王菩薩本事品第二十三】 (五十~五十七行) 

第9-24日  持つて釋迦牟尼佛の所に至り  【妙音菩薩品第二十四】(四十七~五十三行) 

第9-25日  皆之を號して施無畏者とす  【観世音菩薩普門品第二十五】(六十六~七十行) 

第9-26日  當に是の如き殃を獲べし  【陀羅尼品第二十六】(五十六~六十一行) 

第9-27日  一時に共に佛所に詣ず  【妙荘厳王本事品第二十七】(五十二~五十五行)  

第9-28日  兜率天上の彌勒菩薩の所に往かん  【普賢菩薩勧発品第二十八】(四十五~五十二行)

 

 

 


 

 

第10-1日  微妙第一なるを演説したもう  【序品第一】(六十四~六十八行)

第10-2日  舍利弗、四衆の心の疑を知り  【方便品第二】(五十六~六十二行) 

第10-3日  華光如來亦三乘を以て衆生を敎化せん  【比喩品第三】 (五十六~六十三行)

第10-4日  是れ我が子なりと云わず  【信解品第四】(四十九~五十三行)

第10-5日  大小に稱うて 各々生長することを得  【薬草喩品第五】(五十二~五十六行)

第10-6日  彼の國は常に菩薩を以て莊嚴せん  【授記品第六】(五十八~六十四行)

第10-7日  世尊に法輪を轉じたまえと勸請し  【化城諭品第七】(五十二~六十行)

 

第10-8日  多聞にして智慧ありと現じ  【五百弟子受記品第八】(五十一~五十六行) 

第10-9日  悉く同じく一名號ならん  【授学無学人記品第九】(六十一~六十八行)

第10-10日  經の中に於て 法華最も第一なり  【法師品第十】 (五十五~五十八行)

第10-11日  八方に各 更に二百萬億那由他の國を變じて  【見宝塔品第十一】(五十三~六十二行) 

第10-12日  下方の多寶世尊の所從の菩薩、名を智積  【提婆逹多品第十二】(四十三~四十六行) 

第10-13日  悉く是の諸惡を忍ばん  【勧持品第十三】(五十一~五十八行) 

第10-14日  心安穏にして 怯弱あることなけん  【安楽行品第十四】(五十七~六十二行) 

 

第10-15日  是れ何れの所より來れる  【従地涌出品第十五】(五十六~五十九行) 

第10-16日  若し如來常に在つて滅せずと見ば  【如来寿量品第十六】(四十八~五十三行) 

第10-17日  我が壽命を説くを聞いて  【分別功徳品第十七】(七十二~七十八行) 

第10-18日  阿逸多、汝且く是れを觀ぜよ  【隨喜功徳品第十八】 (五十二~五十五行) 

第10-19日  又諸天の身の香を聞がん  【法師功徳品第十九】(六十一~六十六行) 

第10-20日  佛に値わず、法を聞かず、僧を見ず  【常不軽菩薩品第二十】(五十三~五十九行) 

第10-21日  能く是の經を持たん者は  【如來神力品第二十一】(五十~五十四行)

  

第10-22日  是の如き等の菩薩摩訶薩八萬人倶なり  【徳行品第一】Vol.3(七~十三行) 

第10-23日  八萬四千の寶瓶を作り、八萬四千の塔を起てる 【薬王菩薩本事品第二十三】(五十七~六十三行) 

第10-24日  我今多寶如來の身を見たてまつらんと欲す  【妙音菩薩品第二十四】(五十三~六十行) 

第10-25日  仁者、是の法施の珍寶の瓔珞を受けたまえ  【観世音菩薩普門品第二十五】(七十~七十四行) 

第10-26日  六萬八千人無生法忍を得たり  【陀羅尼品第二十六】<最終回>(六十二~七十行) 

第10-27日  第一微妙の色を成就したまえり  【妙荘厳王本事品第二十七】(五十六~六十一行) 

第10-28日  自ら書き若しは人をしても書かしめ  【普賢菩薩勧発品第二十八】(五十六~五十九行)

 

 



  

第11-1日  我此に住して 見聞すること斯の若く  【序品第一】 (六十八~七十二行) 

第11-2日  今皆疑網に堕しぬ  【方便品第二】(六十二~六十六行) 

第11-3日  菩薩を以て大寶と爲すが故なり  【比喩品第三】(六十三~七十一行) 

第11-4日  將に其の子を誘引せんと欲して  【信解品第四】(五十三~五十八行) 

第11-5日  潤す所是れ一なれども  【薬草喩品第五】(五十六~六十行) 

第11-6日  是の大迦旃延は當來世に於て  【授記品第六】(六十五~七十一行) 

第11-7日  此の中に云何ぞ忽ちに衆生を生ぜる  【化城諭品第七】(六十一~六十六行) 

 

第11-8日  大乗の法に住せしめて 自ら佛土を淨め  【五百弟子受記品第八】(五十六~六十二行)  

第11-9日  甘露をもつて灌がるるが如し  【授学無学人記品第九】<最終回>(六十九~七十二行) 

第11-10日  況んや滅度の後をや  【法師品第十】(五十九~六十三行) 

第11-11日  復八方に於て、各 二百萬億那由他の國を變じて  【見宝塔品第十一】(六十二~七十行) 

第11-12日  大海の娑竭羅龍宮より自然に涌出して  【提婆逹多品第十二】(四十七~五十一行) 

第11-13日  我身命を愛せず 但無上道を惜む  【勧持品第十三】(五十八~六十五行) 

第11-14日  末法の中に於て是の經を説かんと欲せば  【安楽行品第十四】(六十三~六十七行) 

 

第11-15日  大菩薩の 六萬恒沙を將いたるあり  【従地涌出品第十五】(五十九~六十三行) 

第11-16日  如來、實に滅せずと雖も而も滅度すと言う  【如来寿量品第十六】(五十三~五十七行) 

第11-17日  壽を説くこと亦是の如くならんと願せん  【分別功徳品第十七】(七十八~八十二行) 

第11-18日  今當に之を分別すべし  【隨喜功徳品第十八】(五十六~六十六行) 

第11-19日  聲聞の香・辟支佛の香・菩薩の香・諸佛の身の香  【法師功徳品第十九】(六十六~七十行) 

第11-20日  常に是の經を受持し讀誦し解説し書寫すべし  【常不軽菩薩品第二十】(五十九~六十三行) 

第11-21日  久しからずして亦當に得べし  【如來神力品第二十一】(五十四~五十七行) 

 

第11-22日  【囑累品第二十二】は、第7-22日をもちまして終了致しました。 

第11-23日  日月淨明徳佛の舎利を供養せん  【薬王菩薩本事品第二十三】(六十三~六十九行) 

第11-24日  萬二千歳に於て、十萬種の伎樂を以て 【妙音菩薩品第二十四】(六十~六十六行) 

第11-25日  其の瓔珞を受け、分つて二分と作して 【観世音菩薩普門品第二十五】(七十四~八十行) 

第11-26日  【陀羅尼品第二十六】は、第10-26日をもちまして終了致しました。 

第11-27日  此の王、我が法の中に於て比丘と作り  【妙荘厳王本事品第二十七】(六十一~六十六行) 

第11-28日  是の人は則ち釋迦牟尼佛を見るなり 【普賢菩薩勧発品第二十八】(六十~六十九行) 

 

 


 

第12-1日  是の乘の 三界第一にして  【序品第一】(七十二~七十七行) 

第12-2日  佛我を第一なりと説きたもう  【方便品第二】(六十六~七十二行) 

第12-3日  是の堅滿菩薩次に當に作佛すべし  【比喩品第三】(七十一~七十八行) 

第12-4日  其の父、子を見て愍んで之を怪しむ  【信解品第四】(五十三~五十八行) 

第12-5日  我は爲れ如來 兩足の尊なり  【薬草喩品第五】(六十~六十七行) 

第12-6日  號を閻浮那提金光如來  【授記品第六】(七十一~七十八行) 

第12-7日  何の因縁を以て此の相を現ずる  【化城諭品第七】(六十六~七十四行)

  

第12-8日  法喜・禅悦食にして 更に餘の食想なけん 【五百弟子受記品第八】(六十二~七十行) 

第12-9日  【授学無学人気品第九】は、第11-9日をもちまして終了致しました。 

第12-10日  是の人は如來と共に宿するなり  【法師品第十】(六十三~六十八行) 

第12-11日  侍者を遣わして釋迦牟尼佛を問訊したもう  【見宝塔品第十一】(七十一~八十行) 

第12-12日  海に於て敎化せること其の事此の如し  【提婆逹多品第十二】(五十一~五十八行) 

第12-13日  佛自ら我が心を知しめせ  【勧持品第十三】<最終回> (六十五~六十九行) 

第12-14日  但大乘を以て爲に解説して  【安楽行品第十四】(六十七~七十行) 

 

第12-15日  其の數轉た上に過ぎたり  【従地涌出品第十五】(六十三~六十九行) 

第12-16日  我等愚癡にして誤つて毒藥を服せり  【如来寿量品第十六】(五十七~六十三行) 

第12-17日  能く如來の無上の慧を起さん  【分別功徳品第十七】(八十三~八十八行) 

第12-18日  初に聞いて隨喜せん者をや  【隨喜功徳品第十八】(六十六~七十行) 

第12-19日  若しは香しき若しは臭き物  【法師功徳品第十九】(七十一~七十七行) 

第12-20日  時に諸の四衆 法に計著せり  【常不軽菩薩品第二十】(六十四~六十八行) 

第12-21日  畢竟して一乘に住せしめん 【如來神力品第二十一】 <最終回>(五十七~六十二行)

  

第12-22日  【囑累品第二十二】は、第7-22日をもちまして終了致しました。 

第12-23日  而るに今臂を燒いて身具足したまわず 【薬王菩薩本事品第二十三】(六十九~七十七行) 

第12-24日  今此の妙音菩薩摩訶薩是れなり  【妙音菩薩品第二十四】(六十六~七十行) 

第12-25日  世尊は妙相具わりたまえり  【観世音菩薩普門品第二十五】(八十一~八十五行) 

第12-26日  【陀羅尼品第二十六】は、第10-26日をもちまして終了致しました。 

第12-27日  即時に國を以て弟に付して  【妙荘厳王本事品第二十七】(六十六~六十九行) 

第12-28日  是の人は少欲知足にして能く普賢の行を修せん 【普賢菩薩勧発品第二十八】(六十九~七十四行)