第3日:妙法蓮華経・譬喩品第三

法華経譬喩品第三の日本語訳の全文三百九十二行中、七十八行目までの解読を収録してます。

これは12ヶ月続けて毎月の3日譬喩品第三の日としてその都度、数行ずつの解読を本ブログに掲載していったものです。

法華経全二十八品の内、譬喩品第三のみを連続してお読みになられる場合、このページをご使用いただくと便利です。

 

 

 

1-3 Vol. 3  舎利弗の喜びと疑問

         【比喩品第三】(一~四行)

  
  第2-3 Vol.31  舎利弗の謝罪

         【比喩品第三】(五~八行)

 

3-3 Vol.59  必ず大乗を以て度脱せらる

         【比喩品第三】(八~十五行)

 

4-3 Vol.87  我是の法音を聞いて

           【比喩品第三】(十六~二十一行)
5-3 Vol.115  未来に無上道の演説能わず
         【比喩品第三】(二十一~二十七行)
         【比喩品第三】(二十七~三十五行)
7-3 Vol.171  亦方便を以て説きたもう
         【比喩品第三】(三十六~四十四行)
8-3 Vol.199  是れ魔の佛と作るには非ず
         【比喩品第三】(四十四~四十九行)
 
9-3 Vol.226  汝今 悉く忘れて
         【比喩品第三】(五十~五十六行)
         【比喩品第三】(五十六~六十三行)
         【比喩品第三】(六十三~七十一行)
         【比喩品第三】(七十一~七十八行)