第6-12日 Vol.152  王とは則ち我が身是れなり 【提婆逹多品第十二】(二十五~二十九行)


■■第6-12日 Vol.152
 
 王とは則ち我が身是れなり
 
  【提婆逹多品第十二】
  (二十五行~二十九行)
 
■■今日の一偈一句
 
 ホトケモロモロ ビク ツ       ソ トキ オウ  スナワ ワ ミ コ    トキ センニン
 佛諸 の比丘に告げたまわく、爾の時の王とは則ち我が身是れなり。時の仙人とは
 
 イマ ダイバダッタ コ   ダイバダッタ ゼンチシキ ヨ  ユエ   ワレ    ハラミツ  ジヒ
 今の提婆逹多是れなり。提婆逹多が善知識に由るが故に、我をして六波羅蜜・慈悲
 
 キシャ  サンジュウニソウ  シュゴウ シマコンジキ ジュウリキ ムショイ   ショウボウ  フグ ジンヅウ
 喜捨・三十二相・八十種好・紫磨金色・十力・四無所畏・四攝法・十八不共・神通
 
 ドウリキ グソク     トウショウガクジョウ ヒロ シュジョウ ド    ミナダイバダッタ ゼンチ
 道力を具足せしめたり。等正覺を成じて廣く衆生を度すること、皆提婆逹多が善知
 
 シキ ヨ   ユエ
 識に因るが故なり。
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
______________________________________
 
  1. 今 日 の 解 読 !  (苦)
______________________________________
 
佛は諸々の比丘に告げられた、その時の王とはすなわち我が身のことである。その時
 
の仙人とは今の提婆逹多なのである。提婆逹多が善知識(ぜんちしき:善良な友人)
 
であるが故に、我に対して六波羅蜜・慈悲喜捨(じひきしゃ:四無量心のことで、慈
 
は与楽であり相手の幸福を望む心、悲は抜苦であり苦しみを除いてあげたいと思う心、
 
喜は他者の幸福を共に喜ぶ心、捨は差別しないで平然と接してあげる心)・三十二相
 
・八十種好・紫磨金色(しまこんじき:紫色した最高質の金の色)・十力(じゅうり
 
き:佛に備わる十種の智力)・四無所畏・四攝法(ししょうぼう:布施・慈愛の言葉
 
・利他の行為・他人との協力の四つ)・十八不共(じゅうはちふぐ:不共とは共通で
 
ない意味であり、佛と菩薩のみにあり他には共通しない十八種の能力の特色)・神通
 
道力を具足せしめたのである。我が等正覺を成就して広く衆生を済度できることも、
 
皆提婆逹多が善知識である因果が理由である。
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
______________________________________
 
  2. 今 日 の 説 法 !  (集)
______________________________________
 
偈を説いた後、佛は諸々の比丘に告げられたのです。
仙人のもとで修行した王とは即ち釈迦自身であるということと、その時のその仙人と
は今の提婆達多の本人であるということでした。
 
提婆達多はとても善き友人であり、善なる知識へ導いてくれる思いやりある指導者で
あったのです。
その善知識により王であった釈迦へ、六波羅蜜・慈悲喜捨・三十二相・八十種好・紫
磨金色・十力・四無所畏・四攝法・十八不共・神通道力を完備させてくれたのでした。
 
それにより釈迦は等正覚を成就して広く衆生を救済できているのも、これは皆、提婆
達多が善き指導者であってくれた為であると伝えました。
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
______________________________________
 
  3. 今 日 の 謎 !   (滅)
______________________________________
 
まず、今日の謎を整理して見ることにしましょう!
 
その謎1:提婆達多は善知識だったと釈迦は言ってますが、善知識とは善良な友人の
     意味ということから、友人と知識とはどういう関係なのでしょうか?
 
その謎2:等正覺と阿耨多羅三藐三菩提は同じものでしょうか?
 
 
 

ご案内

★★ 今日も、お読みいただきありがとうございました ★★

 

本日品のその後の続き文、【今日の謎!の答え、解説など詳細満載】

 4. 今 日 の 知 識 !  (道)
 5. 今 日 の 解 脱 !  (解)

 6. 今 日 の 振 返 り ! (脱)

は、有料メールマガジン『ぶっけんの毎日ホッ法華経!DM328』(本月1か月分全品が無料付属)のご購読でお読みいただけます。お申し込みになる月が本日の品の月【6月中】の場合、本日の品が初月無料分の中に含まれています。

 

購読料:月々¥496円(消費税込み)・12ヶ月完成シリーズ

購入する!

ご購読希望の方はそのまま上記ボタン【通常配信・有料メルマガ申し込み用】をクリックしていただくか、もしくは「発行メールマガジン・SNSのご紹介」ページ(ステップ配信選択可能)からお申し込みください。

 

 上記ブログをお読みになった感想、ご案内への問い合わせ等、どんなことでも構いません、下記フォームに記載の上、送信してください。🌷このメッセージフォームでの記載内容は公開されません。公開用掲示板へのコメント投稿の場合はさらに下段のコメントフォームの方からお送りください。>

メモ: * は入力必須項目です

6-12

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    安田 和正 (月曜日, 10 11月 2014 23:57)

    私なども初めて法華経を実際に読んでみるまではわからないことでしたが、この法華経はとてもハードボイルドなタッチで描かれているという印象を初めて知ったのでした。