第6-15日 Vol.155  少病少惱にして安樂に 【従地涌出品第十五】(三十二~三十八行)


★★ きょうの謎!
 
その謎1:地涌の四大菩薩たちは長らく釈迦牟尼世尊と面会が無かったのでしょうか?
 
その謎2:地涌の四大菩薩たちは釈迦の説く安楽行のことを予め良く指導され理解していた

     のでしょうか?
 
その謎3:地涌の四大菩薩たちは釈迦以外の別な佛の元に居たのではないのでしょうか?
 
 
■■第6-15日 Vol.155
 
 少病少惱にして安樂に
 
  【従地涌出品第十五】
  (三十二行~三十八行)
 
■■今日の一偈一句
 
 ダイシュ マエ ア  オノオノトモ ガッショウ シャカムニブツ  ミ      モンジン  モウ
 大衆の前に在つて各 共に合掌し、釋迦牟尼佛を觀たてまつりて問訊して言さく、
 
 セソン ショウビョウショウノウ アンラク ギョウ     イナ  ド  トコロ モノオシエ ウ    ヤス
 世尊、少病少惱にして安樂に行じたもうや不や。度すべき所の者敎を受くること易
 
   イナ  セソン    ヒロウ ナ      ヤ ソ トキ  ダイボサツ シカ ゲ ト  
 しや不や。世尊をして疲労を生さしめざる耶。爾の時に四大菩薩、而も偈を説いて
 
 モウ
 言さく
 
  セソン アンラク    ショウビョウショウノウ    シュジョウ キョウケ      ヒケンナ
  世尊は安樂にして 少病少惱にいますや 衆生を敎化したもうに 疲倦無きこと
 
   エ      マタモロモロ シュジョウ ケ ウ    ヤス  イナ   セソン    ヒロウ
  を得たまえりや 又諸 の衆生 化を受くること易しや不や 世尊をして 疲勞
 
   ナ      ヤ
  を生さしめざる耶
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
______________________________________
 
  1. 今 日 の 解 読 !  (苦)
______________________________________
 
大衆の前に居る四菩薩は各々共に合掌し、釈迦牟尼佛を観立てまつりて問訊して言っ
 
た、世尊、病ほどほどに悩みほどほどにして安楽に過されたもうや不や。済度(さい
 
ど:「済」は救う、「度」は渡す意。迷いの苦海から救い、彼岸へ導き渡らすこと)
 
すべき所にある者たちは教えを受けて理解すること易しや不や。世尊に負担を掛けて
 
疲労を生じさせていませんか。その時に四大菩薩は、加えて偈を説いて語りかけた。
 
  世尊は安楽にして 少病少悩にいらっしゃいますか 衆生を教化していることに
 
   疲倦(ひけん:疲れ飽きれる)無きようになさってください また諸々の衆生
 
  は 教化を受けるに容易でしょうかどうでしょうか 世尊ばかりに 疲労を生じ
 
  させていないでしょうか
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
____________________________________
 
  2. 今 日 の 説 法 !  (集)
______________________________________
 
大衆が皆集まっている前で、釈迦に初めて紹介された上行・無邊行・淨行・安立行の
四大菩薩は、各々共に釈迦に対し合掌し礼をなすと、釈迦牟尼佛の尊顔を観立て奉り
て問訊して話しかけました。
 
「世尊様、病ほどほどにお悩みもほどほどにして、安楽にお過ごしでありましょうか。
済度すべき此岸に居る者たちは教えを率直に理解に至れてくれるでしょうか。世尊に
ご負担ばかりを掛けて疲労を生じさせていないでしょうか。」と。
 
そして、四大菩薩は続けてこれを偈にして説いて語りました。
 
  世尊は安楽になさって 少病少悩にお過ごしで居られますか 衆生を教化するこ
 
  とに 疲労倦怠無きようになさってください また諸々の衆生は良く教えの通り
 
  に率直に実行していますか 世尊にとって 疲労を生じることなどありませんか
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
______________________________________
 
  3. 今 日 の 謎 !   (滅)
______________________________________
 
まず、今日の謎を整理して見ることにしましょう!
 
その謎1:地涌の四大菩薩たちは長らく釈迦牟尼世尊と面会が無かったのでしょう 
     か?
 
その謎2:地涌の四大菩薩たちは釈迦の説く安楽行のことを予め良く指導され理解し
     ていたのでしょうか?
 
その謎3:地涌の四大菩薩たちは釈迦以外の別な佛の元に居たのではないのでしょう
     か?
 

ご案内

★★ 今日も、お読みいただきありがとうございました ★★

 

本日品のその後の続き文、【今日の謎!の答え、解説など詳細満載】

 4. 今 日 の 知 識 !  (道)
 5. 今 日 の 解 脱 !  (解)

 6. 今 日 の 振 返 り ! (脱)

は、有料メールマガジン『ぶっけんの毎日ホッ法華経!DM328』(本月1か月分全品が無料付属)のご購読でお読みいただけます。お申し込みになる月が本日の品の月【6月中】の場合、本日の品が初月無料分の中に含まれています。

 

購読料:月々¥496円(消費税込み)・12ヶ月完成シリーズ

購入する!

ご購読希望の方はそのまま上記ボタン【通常配信・有料メルマガ申し込み用】をクリックしていただくか、もしくは「発行メールマガジン・SNSのご紹介」ページ(ステップ配信選択可能)からお申し込みください。

 

 上記ブログをお読みになった感想、ご案内への問い合わせ等、どんなことでも構いません、下記フォームに記載の上、送信してください。🌷このメッセージフォームでの記載内容は公開されません。公開用掲示板へのコメント投稿の場合はさらに下段のコメントフォームの方からお送りください。>

メモ: * は入力必須項目です

6-15

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    安田 和正 (木曜日, 13 11月 2014 21:23)

    行處・親近處での安楽行を、既に如来滅後の悪世の到来を想定して先に実行してきた菩薩たちの実態なのだと考えられます。

    ですから、前日の安楽行品での説明の如く、そこには如来が降りて来ない悪世をそのまま想定した状態、つまり釈迦の末法悪世の対策を予め釈迦の指導だけを守って実践してきた特殊部隊の菩薩集団であったわけです。