第7-21日 Vol.189  皆此の經に於て宣示顯説す  【如來神力品第二十一】(三十五~四十一行)全文

ホームへ

 
★★ きょうの謎!
 

その謎1:釈迦は、上行等の地涌の大菩薩大衆に対しては、将来に如来が居なくともこの法華経に記されていることだけ

     でしっかり修行していける意味を告げているのでしょうか?
   
その謎2:どんな諸佛や如来による大神力の不可思議な威力も、法華経に記されているすべての真実には到底、敵わない

     ということなのでしょうか?
 
 
■■第7-21日
 
 皆此の經に於て宣示顯説す
 
  【如來神力品第二十一】
  (三十五行~四十一行)
 
■■今日の一偈一句
 
 ショザイ コクド  モ  ジュジドクジュ ゲセツ ショシャ  セツ ゴト シュギョウ モ  キョウガン
 所在の國土に、若しは受持・讀誦し、解説・書寫し、説の如く修行し、若しは經巻
 
 ショジュウトコロ    モ  オンチュウ オイ   モ  リンチュウ オイ   モ  ジュゲ オイ
 所住の處あらん。若しは園中に於ても、若しは林中に於ても、若しは樹下に於ても、
 
 モ  ソウボウ オイ   モ  ビャクエ イエ    モ  デンドウ ア    モ  センゴク
 若しは僧房に於ても、若しは白衣の舍にても、若しは殿堂に在つても、若しは山谷
 
  コウヤ     コ ナカ ミナトウ タ   クヨウ    ユ エ イカ  マサ シ     コ
 ・曠野にても、是の中に皆塔を起てて供養すべし。所以は何ん、當に知るべし、是
 
  トコロスナワ コ ドウジョウ  ショブツココ オイ アノクタ ラ ミャク ボダイエ ショブツココ オイ ホウ
 の處は即ち是れ道場なり。諸佛此に於て阿耨多羅三藐三菩提を得、諸佛此に於て法
 
 リン テン  ショブツココ オイ ハツネハン
 輪を轉じ、諸佛此に於て般涅槃したもう。
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
 ______________________________________
  
   1. 今 日 の 解 読 !  (苦)
 ______________________________________
  
汝らが所在する国土の中に、たとえば受持・読誦し、解説・書写し、説の通りに修行
 
したり、若しくは経巻の置かれている場所がある。そうでなくとも或るいは園中に於
 
ても、若しくは林中に於ても、若しくは樹下に於ても、若しくは僧房に於ても、若し
 
くは白衣(びゃくえ:在家の仏教徒)の家にても、若しくは殿堂に在っても、若しく
 
は山谷・広野にても、この中に皆塔を起てて供養すべし。これはどうしてか、まさに
 
知るべし、この場所は即ちこれ道場である。諸佛はここに於て阿耨多羅三藐三菩提を
 
得、諸佛はここに於て法輪を転じ、諸佛はここに於て般涅槃(はつねはん:完全な涅
 
槃・完全な境地・滅度)したのである。
    
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
 ______________________________________
  
   2. 今 日 の 説 法 !  (集)
 ______________________________________
 
前回を要約して言えば、上行菩薩等の地涌菩薩大衆に対し釈迦は、如来の法はすべて
法華経に示してあるので、如来滅後のおいて自らこの法華経を受持・読誦し、解説・
書写し、その説のままに修行をせよと命じたのでした。
 
そして、今回釈迦は続けて、地涌菩薩たちの所在の国土において、たとえば受持・読
誦し・解説・書写し、説のごとく修行するため、或いは経巻が安置されている場所が
あるだろうが、それ以外の園の中、林中、樹下、僧房、一般修行者の家、殿堂、山谷、
広野にても、その中にはすべて塔を建てて供養することだ。なぜならば、これをしっ
かり知るべきだ、これらの所は即ちこれを道場とすることである。諸佛は、ここで阿
耨多羅三藐三菩提を得て、ここで法輪を転じ、ここにおいて般涅槃したからである、
と伝えました。
   
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
 ______________________________________
  
   3. 今 日 の 謎 !   (滅)
 ______________________________________

まず、今日の謎を整理して見ることにしましょう!
   
その謎1:上行等の地涌大菩薩大衆にとっての所在の国土とは、下方世界のことなの
     でしょうか?
   
その謎2:塔とはお墓も含まれるのでしょうか?
 
その謎3:白衣、即ち在家仏教徒の家も道場であるということは、在家の修行者であ
     っても阿耨多羅三藐三菩提を得て、法輪、即ち説法を説き、般涅槃して成
     佛できるということでしょうか?
  
 ______________________________________
  
   4. 今 日 の 知 識 !  (道)
 ______________________________________
 
釈迦は娑婆世界の下にある下方世界に地涌菩薩たちを住まわせて教化を施していたわ
けでしょうが、今、地涌菩薩たちはその下方の地面の下から湧き出でて娑婆世界に現
れたのでしたね。
 
ですから、この地涌菩薩たちの所在の国土というものは依然と下方世界の国土のこと
のように思います。
さらになぜならば、娑婆世界とは特に将来において濁悪化する危険が予見されている
国らしいため、直接に釈迦如来が指導に当たり将来の悪世に対し釈迦如来の法を用い
ることにより戦わなければならない国土と思えるからです。
   
よって、下方世界の地涌菩薩たちは常に釈迦が就いてあげなくても自主的に法華経を
用いて修行するようになっている模範として示されたと考えられるのです。
 
そして、その下方世界の道場とは、即ち自主的に修行する場所を意味するのでしょう。
そして、またその道場に値する場所にはすべて塔を起てよと命じていますが、たとえ
ば、林の中や樹木の下、白衣の家に塔を建てるということは、それは大きな物ではな
く小さなお墓のことも当然意味しているのではないかと思います。
 
また、諸佛とはどんなちっぽけな場所や人目に付かない民家内においても、一生懸命
に正しく修行した者なら誰でも成れていたということでしょう。
そして、それが実際の佛に仕えなくともただ一人で法華経を修行することによりいち
早く成佛に適うということなのだと思います
   
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
 ______________________________________
  
   5. 今 日 の 解 脱 !  (悟)
 ______________________________________
 
前回、この如来神力品と次の囑累品の修行の違いについて学びましたが、次品の属累
とは委任の意味がありましたね。
そもそも属累とは、委嘱や委任の意味であることから、釈迦にとって滅後に於てこの
娑婆世界の救済の事を他の者へ任せたいということですね。
 
ですから、次の囑累品に於ては、釈迦の依頼による任務を受け取る儀式であるという
ことでしたね。
したがってそういう意味からして、この如来神力品に於ては、釈迦から法華経を授か
る地涌菩薩たちは、それが釈迦の役割に対する任務の囑累品の菩薩たちとは少し異な
り、自主的に法華経を修行するということらしいですね。
 
ところで、次品の囑累の意味は判りましたが、この品がなぜ如来神力なのかというこ
とが今いち疑問に思えてきませんか?
それは、個人的に自主的に修行をするということがなぜ如来の神力なのかということ
であります。
 
これは、結局はこの世の三界は神が支配しているという現実にあるためかもしれませ
んね。
しかし、この三界にある神力より正式な神力は更に如来でなければならないというこ
とは、恐らくさらに三界を超えた宇宙全体も本来神が創造し支配しているということ
なのかもしれません。
   
よって、如来とはやはり宇宙全体の神からの使者のような存在かもしれませんね。
即ち、真実とは神の宇宙であって、法華経を修行するということは本来は真実の神に
従うことかもしれないのです。
   
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
 ______________________________________
  
   6. 今 日 の 振 り 返 り !(脱)
 ______________________________________
 
神が創った宇宙が正式な真実であるなら、その宇宙に居る神は絶対な権力を持ってい
るわけです。
つまり、その真実の法則にそぐわなければたちまちに私たちは宇宙の藻屑と化してし
まうのでしょう。
   
そんな考えることもできない恐ろしいことにはさせられない、そのためが如来であり
佛であるのでしょう。
私たちが間違えば本来はたちまちに滅ぶことを避けてくれ、小さな罰により間違えて
いるよと教えてくれている、それが如来や三界の神々なのかもしれません。
 
それが真実につながる如来神力な方便なのでしょう!
   
   
今回もお読みいただき、誠にありがとうございました。
末永くご愛読いただけますよう、今後とも何とぞよろしくお願いいたします。
  
   (ぶっけん)

______________________________________
(C) 成安 All rights reserve.

♪ 上記ブログをお読みになった感想でもどんなことでも構いません、今日の一言などを下記フォームへお書きください。

メモ: * は入力必須項目です

 

これは私、成安(ぶっけん)が、2014年5月1日に発行開始致しました有料メールマガジン「MailING!日月説法」の創刊月号のそのまますべての内容です。(このウェブサイトはスマートフォンにも対応させていますので、文字の配列などお見苦しい点は申し訳ありませんがお許しください。)

毎月、1日から28日まで法華経の全28品の各1品ずつを毎日、そして毎月その日付に合わせて連続で発行しています。

なお、2014年5月創刊月最初の1か月分の28品すべて(1.苦・2.集・3.滅・4.道・5.解・6.脱)の内容と、それ以降の月からの毎日発行している各品の内容のうち「3.今日の謎!(滅)」までは、私のこのページで自由にご覧いただけます。(ただし、掲載が遅れる時は何卒ご容赦ください。)

 

⇒このウェブサイト「法華経済ぴらみっど」は法華経を知りたい、そして楽しみたい誰のためにもご用意したものです。ご活用される前に、下欄ナビゲーションメニューでの「法華経済ぴらみっど・・利用方法」を一度少しご覧になられてから開始されると意味がわかりやすいと思います。なお、このサイトの内容の一部に掲載した私の有料メールマガジン「MailING!日月説法」あるいは下記バックナンバーを購入(¥378円税込/月)される方以外は完全無料でどなたでもご利用できますので、ご安心の上、自由にお使いください。

 

☆バックナンバーは「まぐまぐ!」さんのサイト(※右下の 好評!有料メールマガジン 只今販売中 いますぐ始めましょう!~ MailING!日月説法 法華経二十八品全到達への道! )にて、当初の創刊発行2ヶ月目からの2014年6月1日~最終発行分まで1ヶ月単位(¥378円/月:消費税込み)で購入できますので、どうかよろしくお願いします!