第8-16日 Vol.212  壽命無量阿僧祇劫、常住にして 【如来寿量品第十六】(四十~四十四行)



 
★★ きょうの謎!
 
その謎1:衆生の諸々の善根を生じさせたいということは、新たに善なる種を植え

     つけるのではなく、衆生には善なる根がもうすでにあるということで

     しょうか?
 
その謎2:所作の佛事とは釈迦ならではの佛事のことでしょうか?
 
 
 
■■第8-16日  Vol.212
 
 壽命無量阿僧祇劫、常住にして
 
  【如来寿量品第十六】
  (四十~四十四行)
 
■■今日の一偈一句
 
 モロモロシュジョウシュジュショウ シュジュ ヨクシュジュ ギョウシュジュ オクソウフンベツ   モッ  ユエ
 諸の衆生、種種の性・種種の欲・種種の行・種種の憶想・分別あるを以ての故
 
  モロモロ ゼンゴンショウ    ホッ   ジャッカン インネン ヒユ ゴンジ モッ シュジュ ホウ
 に、諸の善根を生ぜしめんと欲して、若干の因縁・譬諭・言辭を以て種種に法
 
  ト   ショサ ブツジイマ カツシバラ  ハイ   カク ゴトワレジョウブツ  コノカタハナハ
 を説く。所作の佛事未だ曾て暫くも廢せず。是の如く我成佛してより已來甚だ
 
 オオイ クオン   ジュミョウムリョウアソウギコウジョウジュウ  メッ
 大に久遠なり。壽命無量阿僧祇劫、常住にして滅せず。
 
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
____________________________________
 
  1. 今 日 の 解 読 !  (苦)
____________________________________
 
諸々の衆生には、種種の性・種種の欲・種種の行・種種の憶想や分別があること
 
を前提とする故に、諸々の善根を生じさせてあげたいと願い、幾つかの因縁・譬
 
諭・言辭を用いて種種に法を説くのである。作すことになっている佛事は未だか
 
つてしばらくの間も廃してはいない。このように我は成佛してよりこのかた甚だ
 
大いに久遠である。寿命は無量阿僧祇劫であり、常住にして滅していないのであ
 
る。
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
____________________________________
 
  2. 今 日 の 説 法 !  (集)
____________________________________
 
前回の釈迦は、この衆生の住む三界の状況は三界に住む衆生自身が観て感じてい
る通りのことではないと教えており、この三界のありのまま真実の状況は如来の
みがそれを明瞭に観察できると言いました。
 
今回はその真実を見抜ける唯一の如來が、この三界のあらゆる衆生の様々別々な
個性や種類があることに対して、それらを如來が分別して各々に応じた一番適し
た善なる根本を生じさせてあげたいために、いくつかの種類の因縁・譬諭・言辭
のケースを用いて各々に随時に区分した法を説いているということです。
 
このように如来が衆生のために行おうとしている所作の佛事は未だかつてに於て
一度も廃止したことがないとも述べています。
このように釈迦自身は佛となって以来、これまでの経過は甚だに大なる久遠とし
て続いてきているということです。
 
その釈迦佛の寿命としての無量阿僧祇劫の間、常にここに住し、不滅であったと
言っています。
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
____________________________________
 
  3. 今 日 の 謎 !   (滅)
____________________________________
 
その謎1:衆生の諸々の善根を生じさせたいということは、新たに善なる種を植
     えつけるのではなく、衆生には善なる根がもうすでにあるということ
     でしょうか?
 
その謎2:所作の佛事とは釈迦ならではの佛事のことでしょうか?
 

ご案内

★★ 今日も、お読みいただきありがとうございました ★★

 

本日品のその後の続き文、【今日の謎!の答え、解説など詳細満載】

 4. 今 日 の 知 識 !  (道)
 5. 今 日 の 解 脱 !  (解)

 6. 今 日 の 振 返 り ! (脱)

は、有料メールマガジン『ぶっけんの毎日ホッ法華経!DM328』(本月1か月分全品が無料付属)のご購読でお読みいただけます。お申し込みになる月が本日の品の月【8月中】の場合、本日の品が初月無料分の中に含まれています。

 

購読料:月々¥496円(消費税込み)・12ヶ月完成シリーズ

購入する!

ご購読希望の方はそのまま上記ボタン【通常配信・有料メルマガ申し込み用】をクリックしていただくか、もしくは「発行メールマガジン・SNSのご紹介」ページ(ステップ配信選択可能)からお申し込みください。

 上記ブログをお読みになった感想、ご案内への問い合わせ等、どんなことでも構いません、下記フォームに記載の上、送信してください。

メモ: * は入力必須項目です

8-16