第9-10日 Vol.233  若し一劫の中に於て 【法師品第十】(五十~五十五行)

法華経 見宝塔品第十


★★ きょうの謎!
 
その謎1:一劫の中に於てとは、その一劫の期間の意味は何でしょう?
 
その謎2:佛より持経者のほうをもっと大切にしなければならないということは、

     例えば、大学教授より独学の学生を大切にしたほうが功徳が大きいとい

     うことなのでしょうか?
 
 
■■第9-10日  Vol.233
 
 若し一劫の中に於て
 
  【法師品第十】
  (五十~五十五行)
 
■■今日の一偈一句
 
  モ   コウ ナカ オイ  ツネ フゼンココロ イダ  イロ  ナ  ホトケノノシ    ム
  若し一劫の中に於て 常に不善の心を懐いて 色を作して佛を罵らんは 無
 
  リョウジュウザイ エ  ソ コ  ホケキョウ  ドクジュタモ      モノ  シュユ アク
  量の重罪を獲ん 其れ是の法華經を 讀誦し持つことあらん者に 須臾も惡
  
  ゴン クワ    ソ ツミマタカ   ス   ヒト   ブツドウモト    コウ ナカ
  言を加えんは 其の罪復彼れに過ぎん 人あつて佛道を求めて 一劫の中に
  
  オイ  ガッショウ ワ マエ     ムシュ ゲ モッ ホ    コ サンブツ ヨ  ユエ
  於て 合掌し我が前にあつて 無數の偈を以て讃めん 是の讃佛に由るが故
  
    ムリョウ クドク エ  ジキョウシャ タンミ     ソ フクマタカ   ス
  に 無量の功徳を得ん 持經者を歎美せんは 其の福復彼れに過ぎん

 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
____________________________________
 
  1. 今 日 の 解 読 !  (苦)
____________________________________
 
 もし一劫の中に於て 常に不善の心を懐いて 物質的に顔色を変えて佛を罵る
 
 ならば 無量の重罪を獲る ただしそれこの法華経を 読誦し受持している者
 
 に 僅かも悪言を加えることは その罪さらにそれ以上なのである ある人が
 
 いて佛道を求めて 一劫の中に於て 合掌し我が前に身を置き 無数の偈をも
 
 って讃嘆したならば この讃佛が由縁となり 無量の功徳を得るであろう た
 
 だしそれ持経者を歎美(たんみ:感心して誉める)することは その福さらに
 
 それ以上なのである
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
____________________________________
 
  2. 今 日 の 説 法 !  (集)
____________________________________
 
前回、釈迦は偈に於て薬王菩薩へ法師が最大に尊重されるべき旨を説いていまし
た。
今回は更にその偈の続きですが、もし一劫中に於て、常日頃に不善の心を習慣的
に懐き続け、顔色を変えるほどに佛を罵るならば、無量の重罪を獲るということ
ですが、法華経を読誦し受持している者に対して、ほんの僅かな悪口でも攻撃す
るなら、その罪は更にそれ以上であると言っています。
 
また、或る人が佛道を求めて、一劫中に於て合掌して釈迦の前で無数の偈を説い
て讃嘆すれば、この佛を讃嘆する行為により、無量の功徳を得るということです
が、法華経を読誦し受持している者に対して、感心して称讃するなら、その福は
更にそれ以上であると言いました。
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
____________________________________
 
  3. 今 日 の 謎 !   (滅)
____________________________________
 
まず、今日の謎を整理して見ることにしましょう!
 
その謎1:一劫の中に於てとは、その一劫の期間の意味は何でしょう?
 
その謎2:佛より持経者のほうをもっと大切にしなければならないということは、
     例えば、大学教授より独学の学生を大切にしたほうが功徳が大きいと
     いうことなのでしょうか?
 
 

ご案内

法華経 見宝塔品第十

★★ 今日も、お読みいただきありがとうございました ★★

 

本日品のその後の続き文、【今日の謎!の答え、解説など詳細満載】

 4. 今 日 の 知 識 !  (道)
 5. 今 日 の 解 脱 !  (解)

 6. 今 日 の 振 返 り ! (脱)

は、有料メールマガジン『ぶっけんの毎日ホッ法華経!DM328』(本月1か月分全品が無料付属)のご購読でお読みいただけます。お申し込みになる月が本日の品の月【9月中】の場合、本日の品が初月無料分の中に含まれています。

 

購読料:月々¥496円(消費税込み)・12ヶ月完成シリーズ

購入する!

ご購読希望の方はそのまま上記ボタン【通常配信・有料メルマガ申し込み用】をクリックしていただくか、もしくは「発行メールマガジン・SNSのご紹介」ページ(ステップ配信選択可能)からお申し込みください。

 上記ブログをお読みになった感想、ご案内への問い合わせ等、どんなことでも構いません、下記フォームに記載の上、送信してください。🌷このメッセージフォームでの記載内容は公開されません。公開用掲示板へのコメント投稿の場合はさらに下段のコメントフォームの方からお送りください。>

メモ: * は入力必須項目です

9-10

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    安田 和正 (火曜日, 20 1月 2015 00:09)

    法華経は暗号化である!