第9-15日 Vol.238  我等 昔より已來 【従地涌出品第十五】(五十一~五十五行) 

法華経 従地涌出品第十五


★★ きょうの謎!
 
その謎1:この品の最初に示してある「他方の国土の諸の来れる菩薩摩訶薩の八恒

     河沙の数に過ぎたる」の八恒河沙の菩薩摩訶薩と、今回の弥勒菩薩と共

     に居る八千恒河沙の諸の菩薩衆は、八と八千の違いがありますが、  

     ひょっとしたら同じ菩薩ではないのではないでしょうか?
 
その謎2:弥勒菩薩は序品で登場していた以来、今回ここでやっと再登場したよう

     ですが、ここでの八千恒河沙の諸の菩薩衆とは弥勒菩薩の本来の眷属な

     のでしょうか? 
 
 
■■第9-15日  Vol.238
 
 我等 昔より已來
 
  【従地涌出品第十五】
  (五十一~五十五行)
 
■■今日の一偈一句
 
 ソ トキ  ミロクボサツオヨ   ゴウガシャ モロモロ ボサツシュ ミナコ ネン  ナ  ワレラムカシ 
 爾の時に彌勒菩薩及び八千恒河沙の諸 の菩薩衆、皆是の念を作さく、我等昔
 
   コノカタ カク ゴト ダイボサツマカサツシュ ジ  ユジュツ  セソン ミマエ ジュウ ガッショウ
 より已來、是の如き大菩薩摩訶薩衆の地より涌出して世尊の前に住して、合掌
  
  クヨウ  ニョライ モンジン       ミ  キ   トキ ミロクボサツマカサツ    
 し供養して如來を問訊したてまつるを見ず聞かず。時に彌勒菩薩摩訶薩、八千
 
 ゴウガシャモロモロ ボサツトウ ココロ ショネン シ  ナラビミズカ ショギケッ   ホッ   ガッ
 恒河沙の諸 の菩薩等の心の所念を知り、並に自ら所疑を決せんと欲して、合
 
 ショウホトケ ムカ        ゲ モッ ト  モウ
 掌し佛に向いたてまつりて、偈を以て問うて曰さく

 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
____________________________________
 
  1. 今 日 の 解 読 !  (苦)
____________________________________
 
その時に弥勒菩薩及び八千恒河沙の諸々の菩薩衆は、皆このように思った、我等
 
は昔よりこれ以来、このように大菩薩摩訶薩衆であって地中より涌出して世尊の
 
前に現れて、合掌し供養して如來を問訊奉ったことを見たことも聞いたこともな
 
い。同時に弥勒菩薩摩訶薩は、八千恒河沙の諸々の菩薩等の心にある思いを知り、
 
並びに自らに持つ疑惑を解決したいと思って、合掌して佛に向いたてまつりて、
 
偈を用いて質問して申し上げた。
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
____________________________________
 
  2. 今 日 の 説 法 !  (集)
____________________________________
 
前回、地涌の菩薩たちのお世辞交じりに偈を交歓することで嬉しく隨喜できまし
たという釈迦への感謝の讃めに対し釈迦は、とても上手く如來に対して隨喜の心
を起こせたと言って、讃め返しました。
 
今回は、釈迦と地涌菩薩のその讃め合いのやり取りを聞いていた弥勒菩薩及び八
千恒河沙数の諸々の菩薩衆は、皆が揃えてこの同じ念を持ちました。
 
『我等は昔よりこれ以来、このような大菩薩摩訶薩の大衆が地中より湧き出でて
世尊の面前に集まって、合掌し供養して如來のことを問訊しているなどを見たこ
とも聞いたこともない』と。
 
同時に弥勒菩薩摩訶薩は八千恒河沙の諸々の菩薩等の今の心にある念を知り、並
びに自らも持ち得る心の疑惑を解決したいと願い、合掌して佛に向い合せて、偈
を用いてその疑問を掛け合いに申し始めました。
  
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
____________________________________
 
  3. 今 日 の 謎 !   (滅)
____________________________________
 
まず、今日の謎を整理して見ることにしましょう!
 
その謎1:この品の最初に示してある「他方の国土の諸の来れる菩薩摩訶薩の八
     恒河沙の数に過ぎたる」の八恒河沙の菩薩摩訶薩と、今回の弥勒菩薩
     と共に居る八千恒河沙の諸の菩薩衆は、八と八千の違いがありますが、
     ひょっとしたら同じ菩薩ではないのではないでしょうか?
 
その謎2:弥勒菩薩は序品で登場していた以来、今回ここでやっと再登場したよ
     うですが、ここでの八千恒河沙の諸の菩薩衆とは弥勒菩薩の本来の眷
     属なのでしょうか? 
 

ご案内

法華経 従地涌出品第十五

★★ 今日も、お読みいただきありがとうございました ★★

 

本日品のその後の続き文、【今日の謎!の答え、解説など詳細満載】

 4. 今 日 の 知 識 !  (道)
 5. 今 日 の 解 脱 !  (解)

 6. 今 日 の 振 返 り ! (脱)

は、有料メールマガジン『ぶっけんの毎日ホッ法華経!DM328』(本月1か月分全品が無料付属)のご購読でお読みいただけます。お申し込みになる月が本日の品の月【9月中】の場合、本日の品が初月無料分の中に含まれています。

 

購読料:月々¥496円(消費税込み)・12ヶ月完成シリーズ

購入する!

ご購読希望の方はそのまま上記ボタン【通常配信・有料メルマガ申し込み用】をクリックしていただくか、もしくは「発行メールマガジン・SNSのご紹介」ページ(ステップ配信選択可能)からお申し込みください。

 上記ブログをお読みになった感想、ご案内への問い合わせ等、どんなことでも構いません、下記フォームに記載の上、送信してください。🌷このメッセージフォームでの記載内容は公開されません。公開用掲示板へのコメント投稿の場合はさらに下段のコメントフォームの方からお送りください。>

メモ: * は入力必須項目です

9-15

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    安田 和正 (火曜日, 20 1月 2015 00:07)

    弥勒菩薩の正体は果たして他方の菩薩なのでしょうか?

  • #2

    ぶっけん (土曜日, 17 9月 2016 12:22)

    実は宗教と政治の合流はとても難解なのですよね。法華経の中で他国からやってきた弥勒菩薩は釈迦の娑婆国の中でぜひ法華経を守るための普及をしたいと願い出たら、釈迦は自国にはすでに多くの菩薩が居るから弥勒の協力は必要ないと一旦断ったのです。
    しかし、釈迦はその弥勒に対し釈迦のすぐ次に仏に成るという、つまり釈迦仏の座を引き継がす授記をしていたのです。そして、弥勒へは鎧を着て身を固めるよう戒めることを教化したのです。
    これは何かといえば、他国から来た弥勒へは娑婆国内で悪と戦って勝てと釈迦は命じているのです。悪との戦いに法華経は必要ない・・宗教と国の保守の関係にはこういう難しさがあるのです