第12-7日 Vol.310  何の因縁を以て此の相を現ずる 【化城諭品第七】(六十六~七十四行)

ホームへ


★★ きょうの謎!
 
その謎1:梵天王たちの宮殿を照らす光明の異常なほどの明るさに対する疑問の呼

     びかけは序品第一で釈迦佛が遥か東方へ放った神通の光に対し弥勒菩薩

     が懐いた疑念とほぼ同じものなのではないでしょうか?
 
その謎2:諸天神である梵天王たちをかつてない威力で驚かした大通知勝佛の大光

     明であるということは、佛力による神通力のほうが、諸天自らの神力に

     よる光明を遥か優位に超えているものである意味をあえてここでしっか

     り明らかにしているのでしょうか?
  
 
■■第12-7日  Vol.310
 
 何の因縁を以て此の相を現ずる
 
  【化城諭品第七】
  (六十六~七十四行)
 
■■今日の一偈一句
 
 ソ トキ トウホウゴヒャクマンノク モロモロ コクド ナカ ボンテン クデンコウミョウショウヨウ ツネ ヒカリ
 爾の時に東方五百萬億の諸 の國土の中の梵天の宮殿、光明照曜して常の明に
 
 マサ  モロモロ ボンテンノウオノオノ コ ネン ナ    イマ クデンコウミョウムカシ  イマ ア
 倍れり。諸 の梵天王各 是の念を作さく、今者宮殿の光明昔より未だ有らざ
 
  トコロ  ナン インネン モッ  コ ソウ ゲン   コ トキ モロモロ ボンテンノウスナワオノオノアイ
 る所なり。何の因縁を以て此の相を現ずる。是の時に諸 の梵天王即ち各 相
 
 イタ  トモ コ  ジ ギ  シカ カ シュ ナカ ヒト  ダイボンテンノウ  クイッサイ ナヅ
 詣つて共に此の事を議す。而も彼の衆の中に一りの大梵天王あり、救一切と名
 
   モロモロ ボンシュ タメ ゲ ト  イ
 く。諸 の梵衆の爲に偈を説いて言わく
 
 ワレラ モロモロ クデン コウミョウムカシ  イマ ア   コ   コ ナン インネン  ヨロ  オノオノ
 我等が諸 の宮殿 光明昔より未だ有らず 此れは是れ何の因縁ぞ 宜しく各
 
  トモ コレ モト    ダイトク テン ショウ      ホトケ セケン イ
  共に之を求むべし 大徳の天の生ぜるとやせん 佛の世間に出でたまえると
 
     シカ コ ダイコウミョウ アマネジッポウテラ
 やせん 而も此の大光明 遍く十方を照す
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
____________________________________
 
  1. 今 日 の 解 読 !  (苦)
____________________________________
 
その時に東方五百万億の諸々の国土の中の梵天の宮殿は、光明が照り耀いて日常
 
の明るさの倍となった。諸々の梵天王は各々にこの念をなした、今この時の宮殿
 
の光明は昔より未だ有ったことのない所となった。何の因縁があってこの相を現
 
ずるのか。この時に諸々の梵天王はただちに各々お互いに集って共にこの事を議
 
論した。しかもそれら梵天王の衆の中に一人の大梵天王がいた、救一切という名
 
であった。そして諸々の梵衆の為に偈を説いて語られた
 
 我等が諸々の宮殿には 光明は昔より未だ有ることなく これは一体これ何の
 
 因縁であるのか 程良く各々共にこの解明を求めるべき 大徳の天神の生じる
 
 ことなのであろうか 佛の世間に出現したまえることなのであろうか しかも
 
 この大光明は 遍くに十方を照らしている
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
____________________________________
 
  2. 今 日 の 説 法 !  (集)
____________________________________
 
前回、釈迦は諸々の比丘に対し、次のように告げていました。
 
大通知勝佛が阿耨多羅三藐三菩提を得れた時、十方各々にある五百万億の諸佛の
世界は六種類の震動を起こし、各国の隅々まで普く照らす未だかつてないことが
明らかな莫大な光を浴びて、各々の国の衆生たちは皆顔を見合わせて、これは一
体どういうことかと不思議がったそうです。
そうするうちに各々の国の境界最上部の諸天の宮殿から梵宮に至るまでが六種類
の震動を起こし、大光があまねく照らして世界中に遍満し、その光は今まで諸天
の照らす光を勝っていったのだそうです。
 
今回は、その時に東方五百万億の諸々の国土の中にある梵天の宮殿がその光明に
照り輝いて平常の明るさの二倍位になったそうです。
その諸々の梵天王は各々に同じくこのように思ったそうです。
 
「今の時代に於ける宮殿のこの光明は、昔より未だ有ったことのないといった所
だろう。何の因縁によりてこの相を現わしているのだ」
 
この時に諸々の梵天王はただちに各々お互いに集まって共にこの事を議論し出し
たそうです。
そして、その梵天王の集まりの中に一人の大梵天王がおって、救一切という名で
あったそうです。
その大梵天王は諸々の梵天王の衆の為に次の偈を説いて語りました。
 
 我らが諸々の宮殿は この光明について昔より未だ有り得ないことだ これは
 
 一体これ何の因縁であろうか それらしき各々共にこれを追求すべきであろう 
  
 大徳ある天神の生ずることなのだろうか 佛の世間に出現したまえることなの
 
 だろうか しかるにこの大光明は 遍く十方を照らしている
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
____________________________________
 
  3. 今 日 の 謎 !   (滅)
____________________________________
 
まず、今日の謎を整理して見ることにしましょう!
   
その謎1:梵天王たちの宮殿を照らす光明の異常なほどの明るさに対する疑問の
     呼びかけは序品第一で釈迦佛が遥か東方へ放った神通の光に対し弥勒
     菩薩が懐いた疑念とほぼ同じものなのではないでしょうか?
 
その謎2:諸天神である梵天王たちをかつてない威力で驚かした大通知勝佛の大
     光明であるということは、佛力による神通力のほうが、諸天自らの神
     力による光明を遥か優位に超えているものである意味をあえてここで
     しっかり明らかにしているのでしょうか?
 

ご案内

★★ 今日も、お読みいただきありがとうございました ★★

 

本日品のその後の続き文、【今日の謎!の答え、解説など詳細満載】

 4. 今 日 の 知 識 !  (道)
 5. 今 日 の 解 脱 !  (解)

 6. 今 日 の 振 返 り ! (脱)

は、有料メールマガジン『ぶっけんの毎日ホッ法華経!DM328』(本月1か月分全品が無料付属)のご購読でお読みいただけます。お申し込みになる月が本日の品の月【12月中】の場合、本日の品が初月無料分の中に含まれています。

 

購読料:月々¥496円(消費税込み)・12ヶ月完成シリーズ

購入する!

ご購読希望の方はそのまま上記ボタン【通常配信・有料メルマガ申し込み用】をクリックしていただくか、もしくは「発行メールマガジン・SNSのご紹介」ページ(ステップ配信選択可能)からお申し込みください。

 上記ブログをお読みになった感想、ご案内への問い合わせ等、どんなことでも構いません、下記フォームに記載の上、送信してください。🌷このメッセージフォームでの記載内容は公開されません。公開用掲示板へのコメント投稿の場合はさらに下段のコメントフォームの方からお送りください。>

メモ: * は入力必須項目です

12-7

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    ぶっけん (水曜日, 07 12月 2016 19:44)

    歴史とは同じことを繰り返してはならないから、学ぶのです。