第4-6日 Vol.90  無漏の後身 法王の子なる 【授記品第六】(十八~二十六行)

法華経 授記品第六

 
★★ 今日の謎!
   
その謎1:大弟子の摩訶迦葉はどういう性質の佛、即ち光明如來に成るのでしょ
          うか?
   
その謎2:声聞の無漏の最後身や法王の子とはどういう意味なのでしょう?
  
   
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
   
■■第4-6日 Vol.90
   
 無漏の後身 法王の子なる
 
 【授記品第六】
 (十八~二十六行)
   
 
■■今日の一偈一句
 
  ソ ドショウジョウ   ルリ  ジ ナ  モロモロ ホウジュオオ    ミチ ホトリ ギョウレツ
  其の土清淨にして 瑠璃を地と爲し 諸 の寶樹多くして 道の側に行列し
 
   コンジョウミチサカ   ミ  モノカンギ  ツネ コウコウ イダ  モロモロ ミョウケ サン
   金繩道を界いて 見る者歡喜せん 常に好香を出し 衆 の名華を散じて
 
   シュジュ キミョウ  モッ ショウゴン ナ  ソ ジビョウジョウ  クキョウ    
   種種の奇妙なる 以て莊嚴と爲し 其の地平正にして 丘坑あることなけ
 
    モロモロ ボサツシュ ショウケイ      ソ ココロジョウニュウ  ダイジンヅウオヨ ショ
  ん 諸 の菩薩衆 稱計すべからず 其の心調柔にして 大神通に逮び 諸
 
  ブツ ダイジョウキョウデンブジ  モロモロ ショウモンシュ  ムロ ゴシン ホウオウ ミコ
  佛の 大乗經典を奉待せん 諸 の聲聞衆の 無漏の後身 法王の子なる 
 
  マタハカ      スナワ テンゲンモッ  カゾ シ   アタ   ソ ホトケ マサ ジュ
  亦計るべからず 乃ち天眼を以ても數え知ること能わじ 其の佛は當に壽 
 
  ジュウニショウコウ    ショウホウヨ ジュウ    ニジュウショウコウゾウボウマタジュウ   ニ
  十二小劫なるべし 正法世に住すること 二十小劫 像法亦住すること 二
 
  ジュウショウコウ  コウミョウセソン  ソ ジカク ゴト
  十小劫ならん 光明世尊 其の事是の如し
 
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
____________________________________
 
  1. 今 日 の 解 読 !  (苦)
____________________________________
   
 その国土は清淨で 瑠璃をその地とし 諸々の宝樹がたくさんあり 道路に沿
 
 って行列し 金繩が道路境界を敷いて 見る者を歓喜させる 毎日良い香りを
 
 漂わせ さまざまな種類の名花を散じて 種々に奇妙な演出を用い それによ
 
 り荘厳となし その土地は精巧に均整のとれた平坦であり 無用なでこぼこは
 
 ない 住する諸々の菩薩衆は その数計り知ることはできない その心はとて
 
 も調柔にして 大神通の逮得に至れり 諸佛の大乗経典を奉待している 諸々
 
 の聲聞衆は 無漏の最後身であり 法王の子であり その数も計ることはでき
 
 ない たとえ天眼をもってもそれを数え知ることはできない その佛は実に寿
 
 命は 十二小劫となり 正法世に住すること 二十小劫 像法また住すること
 
  二十小劫なり 光明世尊の その授記の内容はこのとおりである。   
       
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
____________________________________
 
  2. 今 日 の 説 法 !  (集)
____________________________________
   
今回は、前回からの摩訶迦葉への授記に関して釈迦が繰り返し偈を説いて説明し
ている続きです。
   
この再度説く偈の中で、あらたに加えられているところは、迦葉の未來に光明如
來として住む国の菩薩衆は諸佛の大乗経典を奉持するということと、声聞衆は無
漏の最後身となることや法王の子であるということです。
  
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
____________________________________
 
  3. 今 日 の 謎 !   (滅)
____________________________________
 
さて、今日の謎を整理して見ることにしましょう!
   
その謎1:大弟子の摩訶迦葉はどういう性質の佛、即ち光明如來に成るのでしょ
          うか?
   
その謎2:声聞の無漏の最後身や法王の子とはどういう意味なのでしょう?
 

ご案内

法華経 授記品第六

★★ 今日も、お読みいただきありがとうございました ★★

 

本日品のその後の続き文、【今日の謎!の答え、解説など詳細満載】

 4. 今 日 の 知 識 !  (道)
 5. 今 日 の 解 脱 !  (解)

 6. 今 日 の 振 返 り ! (脱)

は、有料メールマガジン『ぶっけんの毎日ホッ法華経!DM328』(本月1か月分全品が無料付属)のご購読でお読みいただけます。お申し込みになる月が本日の品の月【4月中】の場合、本日の品が初月無料分の中に含まれています。

購読料:月々¥496円(消費税込み)・12ヶ月完成シリーズ

購入する!

ご購読希望の方はそのまま上記ボタン【通常配信・有料メルマガ申し込み用】をクリックしていただくか、もしくは「発行メールマガジン・SNSのご紹介」ページ(ステップ配信選択可能)からお申し込みください。

 

 上記ブログをお読みになった感想、ご案内への問い合わせ等、どんなことでも構いません、下記フォームに記載の上、送信してください。🌷このメッセージフォームでの記載内容は公開されません。公開用掲示板へのコメント投稿の場合はさらに下段のコメントフォームの方からお送りください。>

メモ: * は入力必須項目です

4-6

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    ぶっけん成安田 (木曜日, 06 4月 2017 00:23)

    あの世から降りてきている仏様のことを如来というと思いますが、如来という名前の感じから、どうも神様のようなイメージを連想しませんでしょうか?
    また、この世に君臨する如来として人間に等しいお姿をされていて、支持する衆生の代表の中には王様や王子、はたまた実際に様々な種類の神様まで居るのです。
    国の王様といえば通常は神様信仰の代表者というイメージがあると思いますが、その通常に国ごと信仰の対象にされる神様すらを信仰者にするくらいが如来だといえると思いますので、神様と言えどこの世のことは如来から知ろうとしていると考えても良さそうだということになりそうです。