第2-12日 Vol.40  誰か我に大乗を説かん 【提婆逹多品第十二】(六~八行)

ホームへ


 
★★ きょうの謎!
 
その謎1:王だった前世の釈迦はなぜ、いきなり慌てふためいたように佛法の為
     に王位をいとも簡単に捨てたのでしょうか?
   
その謎2:佛法にとって国の存命は重要なのでしょうか?
 
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
■■第2-12日 Vol.40
   
 誰か我に大乗を説かん
 
  【提婆逹多品第十二】
  (六~八行)
   
■■今日の一偈一句
 
 トキ ヨ  ニンミンジュミョウムリョウ  ホウ タメ ユエ コクイ ス  マツリゴトタイシ マカ  ツヅミ  
 時に世の人民壽命無量なり。法の爲の故に國位を捨てて政を太子に委せ、鼓を
 
 ウ   ホウ センリョウ  ホウ モト   タレ ヨ  ワ タメ ダイジョウト  モノ   ワレ
 撃つて四方に宣令して法を求めき。誰か能く我が爲に大乗を説かん者なる。我
 
 マサ ミオウ   クキュウ  ソウシ
 當に身終るまで供給し走使すべし。
                   
    
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
____________________________________
 
  1. 今 日 の 解 読 !  (苦)
____________________________________
 
その時代は世の中の人民の寿命はどんどん延びていた。佛法を求める為に国王の
 
権利を捨てて政治管理を太子に委任し、呼びかけるように四方の国民に誓って佛
 
法を求めた。誰か心して我が為に大乗佛法を説ける者はいないか。我は一心にこ
 
の身が終わるまで褒美を与え身を粉に奉仕しよう。
   
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
____________________________________
 
  2. 今 日 の 説 法 !  (集)
____________________________________
   
世の中の人民がどんどん寿命が伸びてやまないということは、時の王様にとって
はこれもまた一大事なのかもしれませんね。
その時とばかりに、時の王だった釈迦はこれからは佛法なくは国はもう維持でき
ないといち早く判断したのかもしれませんね。
   
この釈迦の王としての割り切りの早さ、キッパリと行動する決断力は、王たるも
のの責任というものを十分熟知しての判断だったのでしょう。
   
政を太子に任せてから王位を捨てたのですから、元々は王家や城の存続は釈迦に
とっても第一優先だったのであり、何も最初からすべてが佛教でしか国は納まら
ないと思ったわけでも、釈迦自身が佛教の最高支配者になろうなどとは思っても
いなかったようですね。
   
つまり、この時の釈迦は、とにかく人民の寿命の変化に対する対応策として、世
間の中で一番優れた最上の佛教を国の存続手段として手に入れようと考えたので
はないでしょうか?
   
その最上の大乗佛法を教えることのできる者があれば、釈迦はどんな褒美も惜し
みなく与え、釈迦自身も大いにその佛法普及に協力しようといい出したのでしょ
う。
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
____________________________________
 
  3. 今 日 の 謎 !   (滅)
____________________________________
   
まず、今日の謎を整理して見ることにしましょう!
   
その謎1:王だった前世の釈迦はなぜ、いきなり慌てふためいたように佛法の為
     に王位をいとも簡単に捨てたのでしょうか?
   
その謎2:佛法にとって国の存命は重要なのでしょうか?
 

『王と佛の関係』◇提婆達多品第十二(2)

ご案内

法華経 提婆達多品第十二

★★ 今日も、お読みいただきありがとうございました ★★

 

本日品のその後の続き文、【今日の謎!の答え、解説など詳細満載】

 4. 今 日 の 知 識 !  (道)
 5. 今 日 の 解 脱 !  (解)

 6. 今 日 の 振 返 り ! (脱)

は、有料メールマガジン『ぶっけんの毎日ホッ法華経!DM328』(本月1か月分全品が無料付属)のご購読でお読みいただけます。お申し込みになる月が本日の品の月【2月中】の場合、本日の品が初月無料分の中に含まれています。

 

購読料:月々¥496円(消費税込み)・12ヶ月完成シリーズ

購入する!

ご購読希望の方はそのまま上記ボタン【通常配信・有料メルマガ申し込み用】をクリックしていただくか、もしくは「発行メールマガジン・SNSのご紹介」ページ(ステップ配信選択可能)からお申し込みください。

 

 上記ブログをお読みになった感想、ご案内への問い合わせ等、どんなことでも構いません、下記フォームに記載の上、送信してください。🌷このメッセージフォームでの記載内容は公開されません。公開用掲示板へのコメント投稿の場合はさらに下段のコメントフォームの方からお送りください。>

メモ: * は入力必須項目です

2-12

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ぶっけん (日曜日, 07 6月 2015 23:01)

    『王と佛の関係』

  • #2

    ぶっけん (日曜日, 07 6月 2015 23:53)

    『スピーディーが釈迦牟尼佛のお薦めメニューコース』