第2-18日 Vol.46  第五十人功徳 【隨喜功徳品第十八】(六~十二)

隨喜功徳品第十八 法華経

 
★★ きょうの謎!
 
その謎1:この転教の仕方は現代の宗教団体の布教活動みたいなことでしょうか?
   
その謎2:第五十人目に関しては、特に意味があるのでしょうか?
 
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
■■第2-18日 Vol.46
   
 第五十人功徳
 
  【隨喜功徳品第十八】
  (六~十二行)
   
■■今日の一偈一句
 
 ソ トキ ホトケ ミロク ボサツマカサツ  ツ      アイッタ  ニョライ メツゴ  モ  ビ 
 爾の時に佛、彌勒菩薩摩訶薩に告げたまわく、阿逸多、如來の滅後に、若し比
 
 ク  ビクニ  ウバソク ウバイ オヨ ヨ  チシャ モ  チョウモ  ヨウ  コ キョウ キ
 丘・比丘尼・優婆塞・優婆夷及び餘の智者、若しは長若しは幼、是の經を聞い
 
  ズイキ オワ   ホウエ   イ  ヨショ  イタ   モ  ソウボウ    モ  クウ
 て隨喜し已つて、法會より出でて餘處に至らん。若しは僧坊にあり、若しは空
 
 ゲン ジ モ  ジョウオウコウバクジュラク デンリ    ソ ショモン ゴト  ブモ シュウシン
 閑の地、若しは城邑・巷陌・聚落・田里にして、其の所聞の如く、父母・宗親
 
  ゼンヌ チシキ タメ  チカラ シタガ エンゼツ   コ ショニンラ キ オワ  ズイキ  マタ
 ・善友・知識の爲に、力に随つて演説せん。是の諸人等聞き已つて随喜して復
 
 ユ  テンギョウ   ヨ ヒトキ オワ   マタズイキ テンギョウ   カク ゴトテンデン ダイ
 行いて轉教せん、餘の人聞き已つて亦随喜して轉教せん、是の如く展轉して第
 
    イタ
 五十に至らん。
                       
    
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
____________________________________
 
  1. 今 日 の 解 読 !  (苦)
____________________________________
   
その時に佛は、弥勒菩薩摩訶薩に告げられた、阿逸多(弥勒の別称)よ、我の滅
 
後に、もしも在家もしくは出家の比丘・比丘尼・優婆塞・優婆夷の佛法修行者や
 
その他の知識ある者、それも老若に関わらず、この経を聞くことで隨喜した後、
 
その法会から外へ出て他の所へ行ったとする。そこが僧侶の居所であったり、も
 
しは原っぱのような空地、もしは城下町・市場・集落町・農村地であって、その
 
自分で聞き得たそのままを、父母・親族・親友・知人の為に、それなりの相手次
 
第に一生懸命に語って伝えたとする。この諸々の人たちも聞いた後で随喜して同
 
じく出かけて転々と教え伝えた。他の人も聞き終わってはまた随喜して同じく伝
 
えていった。このように次々と繰り返し語り伝えて第五十人に至ったのだ。
   
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
____________________________________
 
  2. 今 日 の 説 法 !  (集)
____________________________________
   
前回のこの品で弥勒菩薩は、釈迦へこの法華経を聞いて随喜する善男子・善女人
は、どれほどの福を得るかと尋ねたことに対し、今回、釈迦は、弥勒の尋ねた善
男子・善女人とは別に随喜する比丘・比丘尼・優婆塞・優婆夷や一般知識者につ
いての功徳を説き始めました。
   
つまり、弥勒は善男子・善女人、つまり良家の生れの男女について尋ねたつもり
が、釈迦は主にあまり裕福でなく在家や出家で佛法や他の勉学で生計を立ててい
くような質素な男女の隨喜功徳についてを先ず話し始めたのです。
   
この質素な老若男女がある法座にて聞いてその場で随喜した説法を直にそのまま
その足で他の所の人へ話しを聞かせに行き、そこで聞いて隨喜した人は又更に別
な人へと話しを聞かせに行き、そのように同じ伝教を転々と繰り返し続けたとし
て、その第五十人に至った時の功徳を釈迦はこれから説こうとしているのです。
   
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
____________________________________
 
  3. 今 日 の 謎 !   (滅)
____________________________________
   
まず、今日の謎を整理して見ることにしましょう!
   
その謎1:この転教の仕方は現代の宗教団体の布教活動みたいなことでしょうか?
   
その謎2:第五十人目に関しては、特に意味があるのでしょうか?
  

人生はスクリーンセーバー(行動!)

ご案内

法華経 隨喜功徳品第十八

★★ 今日も、お読みいただきありがとうございました ★★

 

本日品のその後の続き文、【今日の謎!の答え、解説など詳細満載】

 4. 今 日 の 知 識 !  (道)
 5. 今 日 の 解 脱 !  (解)

 6. 今 日 の 振 返 り ! (脱)

は、有料メールマガジン『ぶっけんの毎日ホッ法華経!DM328』(本月1か月分全品が無料付属)のご購読でお読みいただけます。お申し込みになる月が本日の品の月【2月中】の場合、本日の品が初月無料分の中に含まれています。

 

購読料:月々¥496円(消費税込み)・12ヶ月完成シリーズ

購入する!

ご購読希望の方はそのまま上記ボタン【通常配信・有料メルマガ申し込み用】をクリックしていただくか、もしくは「発行メールマガジン・SNSのご紹介」ページ(ステップ配信選択可能)からお申し込みください。

 

 上記ブログをお読みになった感想、ご案内への問い合わせ等、どんなことでも構いません、下記フォームに記載の上、送信してください。🌷このメッセージフォームでの記載内容は公開されません。公開用掲示板へのコメント投稿の場合はさらに下段のコメントフォームの方からお送りください。>

メモ: * は入力必須項目です

2-18

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    ぶっけん (日曜日, 17 5月 2015 17:50)

    『恋は終われど、この法華経は終わらない』

  • #2

    ぶっけん (水曜日, 17 6月 2015 22:01)

    『人間五十が達成目標値』

  • #3

    ぶっけん (月曜日, 17 10月 2016 18:49)

    愛は哀しいことに短期間に終えるのが生き物の定まりなのです。
    その愛の期間に自身でいつまでも執着してはならないとお釈迦様は教えています。
    きっとこれから生まれてくる生き物の中で浮かばれない者となってしまうからでしょう。