第3-24日 Vol.80  我當に娑婆世界に往詣すべし 【妙音菩薩品第二十四】(十三~二十二行)


★★ きょうの謎!
    
その謎1:淨華宿王智如來はどうして相手の娑婆国への失礼よりも、自国の妙音菩薩の気持

     が落胆する危険のほうが遥かに心配な意味のように気遣って忠告を与えているの

     でしょうか?
       
その謎2:娑婆国へ行って来るという妙音菩薩に対して、淨華宿王智如來はどうして相手国

     の状態に合わせて小さくなって行けではなく、妙音や自身の身がとても大きいこ

     とや端正第一、光明殊妙など自尊心を刺激するような助言をしているのでしょ

     う?
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
   
   

■■第3-24日 Vol.80
    
 
 我當に娑婆世界に往詣すべし
 
 【妙音菩薩品第二十四】
 (十三~二十二行)    
    
■■今日の一偈一句
    
 スナワ ジョウケシュクオウチブツモウ  モウ   セソン ワレマサ シャバセカイ オウケイ    シャカム
 即ち淨華宿王智佛に白して言さく、世尊、我當に娑婆世界に往詣して、釋迦牟
 
 ニブツ ライハイ シンゴン クヨウ  オヨ モンジュシリホウオウジボサツ ヤクオウボサツ ユウゼボサツ
 尼佛を禮拜し親近し供養し、及び文殊師利法王子菩薩・藥王菩薩・勇施菩薩・
 
 シュクオウケボサツ ジョウギョウボサツショウゴンノウボサツヤクジョウボサツ ミ    ソ トキ ジョウケシュク
 宿王華菩薩・上行意菩薩・莊嚴王菩薩・藥上菩薩を見るべし。爾の時に淨華宿
 
 オウチブツ ミョウオンボサツ ツ      ナンジカ クニ カロ  ゲレツ オモイ ショウ
 王智佛、妙音菩薩に告げたまわく、汝彼の國を輕しめて下劣の想を生ずること
 
     ゼンナンシ カ  シャバセカイ コウゲフビョウ   ドシャク ショセン エアクジュウマン
 なかれ。善男子、彼の娑婆世界は高下不平にして、土石・諸山・穢惡充滿せり。
 
 ブッシンヒショウ   モロモロ ボサツシュ  ソ カタチマタショウ  シカ  ナンジ ミ シマンニセン ユ
 佛身卑小にして、諸 の菩薩衆も其の形亦小なり。而るに汝が身は四萬二千由
 
 ジュン ワ ミ ロッピャクハチジュウマンユジュン ナンジミ ダイイチタンジョウ  ヒャクセンマン フク
 旬、我が身は六百八十萬由旬なり。汝が身は第一端正にして、百千萬の福あつ
 
  コウミョウシュミョウ  コ ユエ ナンジユ   カ クニ カロ     モ  ホトケ ボサツオヨ
 て光明殊妙なり。是の故に汝往いて、彼の國を輕しめて、若しは佛・菩薩及び
 
 コクド ゲレツ オモイ ショウ
 國土に下劣の想を生ずることなかれ。
    
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
   
____________________________________
  
   1. 今 日 の 解 読 !  (苦)
____________________________________
   
すぐさまに淨華宿王智佛に白して言さく、世尊よ、我はまさに娑婆世界に往詣し
 
て、釈迦牟尼佛を礼拝し親近し供養し、及び文殊師利法王子菩薩・藥王菩薩・勇
 
施菩薩・宿王華菩薩・上行意菩薩・莊嚴王菩薩・藥上菩薩にお会いしてくるべし。
 
その時に淨華宿王智佛、妙音菩薩に告げたまわく、汝よ彼の国を軽んじて下劣な
 
世界であるという想いを持つようなことがないようにせよ。善男子よ、釈迦の娑
 
婆世界は国土は高低差があり平坦ではなく、土石・荒れ山・腐敗や悪が充満して
 
いる。その釈迦の佛身は大変みすぼらしく小柄にして、諸々の菩薩衆もその姿形
 
はまた小さい。ちなみに汝が身の丈は四萬二千由旬、我が身は六百八十萬由旬な
 
り。汝が身は端正なること第一にして、百千萬の福徳があって光明も殊更珍妙な
 
り。この故に汝が行って来ることで、釈迦の国を軽く見て、それにより釈迦佛・
 
菩薩及び国土に下劣の想いを生じてはならぬぞ。
    
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
____________________________________
  
   2. 今 日 の 説 法 !  (集)
____________________________________
   
この品の前回では、釈迦は娑婆世界から光明を放ち、今、淨華宿王智如來の居る
淨光荘厳国の、更にその中に居る妙音菩薩を直接照らし出されたのでしたね。
    
今回、その妙音菩薩は直ちに淨華宿王智佛に話を持ちかけ、これからすぐにも娑
婆世界へ詣でて、釈迦牟尼佛を礼拝し親近を深め供養して、その際に文殊師利法
王子菩薩・藥王菩薩・勇施菩薩・宿王華菩薩・上行意菩薩・莊嚴王菩薩・藥上菩
薩にお目にかかりに行って来ると告げたのでした。
    
それに対し、淨華宿王智佛は妙音菩薩に忠告を与えました。
それは、娑婆国へ行って来ることにより、娑婆国を大した立派な国でないように
感じて軽くみることにより、自身で期待はずれな気持ちを起したり、けなしてし
まうような下劣な感情に変わらないように注意せよというアドバイスを与えたの
でした。
   
その理由として、娑婆世界の実情は、国土が非常に壌敗していて、佛身や菩薩の
身体は非常に卑劣に小さい形なのであるということで、たとえば、妙音菩薩の身
体は四万二千由旬、淨華宿王智佛の身体は六百八十万由旬あるのだと比較し、更
に妙音菩薩を褒め称えるようにその身は端正第一で、百千萬の福徳がありその光
明は殊更珍妙なのであると説明しました。
    
淨華宿王智佛は、そういう理由や理屈をことごとく説き、くれぐれも娑婆国を軽
しめる気持を警戒し、佛・菩薩および国土に対し下劣の気持を生じないことだけ
を気にかけているようであり、不思議と相手の娑婆国のことよりも、自国の妙音
菩薩のことのほうを重要に神経を使って心配しているようであります。
   
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
____________________________________
  
   3. 今 日 の 謎 !   (滅)
____________________________________
   
まず、今日の謎を整理して見ることにしましょう!
       
その謎1:淨華宿王智如來はどうして相手の娑婆国への失礼よりも、自国の妙音
     菩薩の気持が落胆する危険のほうが遥かに心配な意味のように気遣っ
     て忠告を与えているのでしょうか?
       
その謎2:娑婆国へ行って来るという妙音菩薩に対して、淨華宿王智如來はどう
     して相手国の状態に合わせて小さくなって行けではなく、妙音や自身
     の身がとても大きいことや端正第一、光明殊妙など自尊心を刺激する
     ような助言をしているのでしょう?
  

ご案内

★★ 今日も、お読みいただきありがとうございました ★★

 

本日品のその後の続き文、【今日の謎!の答え、解説など詳細満載】

 4. 今 日 の 知 識 !  (道)
 5. 今 日 の 解 脱 !  (解)

 6. 今 日 の 振 返 り ! (脱)

は、有料メールマガジン『ぶっけんの毎日ホッ法華経!DM328』(本月1か月分全品が無料付属)のご購読でお読みいただけます。お申し込みになる月が本日の品の月【3月中】の場合、本日の品が初月無料分の中に含まれています。

 

購読料:月々¥496円(消費税込み)・12ヶ月完成シリーズ

購入する!

ご購読希望の方はそのまま上記ボタン【通常配信・有料メルマガ申し込み用】をクリックしていただくか、もしくは「発行メールマガジン・SNSのご紹介」ページ(ステップ配信選択可能)からお申し込みください。

 

 

 上記ブログをお読みになった感想、ご案内への問い合わせ等、どんなことでも構いません、下記フォームに記載の上、送信してください。🌷このメッセージフォームでの記載内容は公開されません。公開用掲示板へのコメント投稿の場合はさらに下段のコメントフォームの方からお送りください。>

メモ: * は入力必須項目です

3-24

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    ぶっけん (金曜日, 24 7月 2015 01:05)

    機敏な付き合いスキルが必要な佛社会

  • #2

    ぶっけん成安田 (木曜日, 23 3月 2017 18:37)

    妙音菩薩とは菩薩なのに高貴な女性であるように思えます。
    菩薩とは男性ばかりと思わされていましたが、その謎はこの妙音菩薩がカギを握っているようです。

  • #3

    ぶっけん成安田 (木曜日, 23 3月 2017 20:03)

    メディアの時代は、特に個人的な行動半径に規制がかかり、選択技の必要性が増す。だから、自分自身で選ぶ行動の自由に対しては、より精神の研磨が必要性を増さなければならないのだ。

  • #4

    ぶっけん成安田 (月曜日, 24 7月 2017 08:36)

    何かアクションを起こす時は何か関連したきっかけが必要だということは言うまでもありません
    たとえば日頃のお付き合いの中で相手が何か状況変化するような誘いを起こすなら、それは応ずべき重要なきっかけと考えてよいでしょう
    それに対して有効なアクションを起こしてみなければその重要なきっかけが何であるかを理解することはほぼないでしょう
    求めに応じて有効なアクションを起こした者だけがそれを実際に知るのです
    そのきっかけの誘いに選ばれたなら、それを運命のきっかけとして行動しましょう
    人生とはこの非日常の繰り返しであるべきで、きっかけとなるものが何であるかを知るためのアクションが人間の行動なのだと思います

    (ぶっけん成安田)