第4-24日 Vol.108  八萬四千の衆寶の蓮華を化作せり 【妙音菩薩品第二十四】(二十二~二十六行)


 
★★ きょうの謎!
    
その謎1:淨華宿王智如來は妙音菩薩に対し相手国に気を付けるよう忠告を与えたことに対

     し、妙音菩薩はただ如來の配慮に感謝して応じるまでだと言っているのでしょう

     か?
       
その謎2:なぜ八萬四千衆の架空の宝蓮華を化作するのでしょう?
 
    
■■第4-24日 Vol.108  
    
    
 八萬四千の衆寶の蓮華を化作せり
 
 【妙音菩薩品第二十四】
 (二十二~二十六行)    
    
    
■■今日の一偈一句
    
 ミョウオンボサツ ソ ホトケ モウ モウ    セソン ワレイマシャバセカイ イタ     ミナ コ
 妙音菩薩、其の佛に白して言さく、世尊、我今娑婆世界に詣らんこと、皆是れ
 
 ニョライ チカラ ニョライ ジンヅウユケ ニョライ クドクチエショウゴン    ココ ミョウオンボサツ ザ
 如來の力・如來の神通遊戲・如來の功徳智慧莊嚴ならん。是に妙音菩薩、坐を
 
 タ   ミドウヨウ    サンマイ イ  サンマイリキ モッ ギシャクセン  オイ ホウザ サ
 起たず身動揺せずして三昧に入り、三昧力を以て耆闍崛山に於て法座を去るこ
 
  トオ      ハチマンシセン シュホウ  レンゲ ケサ   エンブダンゴン クキ  ビャクゴン
 と遠からずして、八萬四千の衆寶の蓮華を化作せり。閻浮檀金を莖とし、白銀
 
  ハ   コンゴウ シベ  ケンシュクカホウ モッ  ソ ウテナ
 を葉とし、金剛を鬚とし、甄叔迦寶を以て其の臺とせり。     
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
____________________________________
 
  1. 今 日 の 解 読 !  (苦)
____________________________________
   
妙音菩薩は、その佛に白して言さく、世尊、我は今娑婆世界に参詣すること、そ
 
れは皆これ如來の力・如來の神通遊戲・如來の功徳智慧莊嚴のある恩恵です。こ
 
こに妙音菩薩は、座を起たず身動揺せずして三昧に入り、三昧力を用いて耆闍崛
 
山(ぎしゃくせん)に於て法座がある所を去ることさほど遠くない辺りで、八萬
 
四千の衆寶の蓮華を化作せり。その蓮華は閻浮檀金(えんぶだんごん:閻浮提の
 
ヂャンブ樹の林中を流れる河の砂金)で莖を造り、白銀を葉とし、金剛を鬚(し
 
べ:おしべ・めしべ)とし、甄叔迦寶(けんしゅくかほう:キムシュカ樹の赤い
 
花の色に似た宝石)を用いてその臺(うてな:台・花びら)とせり。
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
____________________________________
 
  2. 今 日 の 説 法 !  (集)
____________________________________
   
妙音菩薩は淨華宿王智佛に申し上げました。
世尊よ、我は今娑婆世界に参詣に行こうとすることは、それは皆、如來の数々の
作用の恩に報いるためです。
  
ここに妙音菩薩は直ちにその場で座ったまま身を動かさないままに三昧の瞑想に
入り、その三昧力を用いて釈迦の居る耆闍崛山山中からさほど遠くない辺りに、
八萬四千の衆の寶蓮華を造作されました。
    
その宝蓮華とは、その茎の部分を砂金で造り、白銀を用いて葉とし、おしべ・め
しべには金剛を用い、その花びらには赤い花に色に似た宝石を用いて造られまし
た。
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
____________________________________
 
  3. 今 日 の 謎 !   (滅)
____________________________________
   
まず、今日の謎を整理して見ることにしましょう!
       
その謎1:淨華宿王智如來は妙音菩薩に対し相手国に気を付けるよう忠告を与え
     たことに対し、妙音菩薩はただ如來の配慮に感謝して応じるまでだと
     言っているのでしょうか?
       
その謎2:なぜ八萬四千衆の架空の宝蓮華を化作するのでしょう?
 

♪ 上記ブログをお読みになった感想でもどんなことでも構いません、今日の一言などを下記フォームへお書きください。

メモ: * は入力必須項目です

★★ 今日も、お読みいただきありがとうございました ★★

 

本日品のその後の続き文、【今日の謎!の答え、解説など詳細満載】

 4. 今 日 の 知 識 !  (道)
 5. 今 日 の 解 脱 !  (解)

 6. 今 日 の 振 返 り ! (脱)

は、有料メールマガジン『ぶっけんの毎日ホッ法華経!DM328』(本月1か月分全品が無料付属)のご購読でお読みいただけます。お申し込みになる月が本日の品の月【4月中】の場合、本日の品が初月無料分の中に含まれています。

 

購読料:月々¥496円(消費税込み)・12ヶ月完成シリーズ

購入する!

ご購読希望の方はそのまま上記ボタン【通常配信・有料メルマガ申し込み用】をクリックしていただくか、もしくは「発行メールマガジン・SNSのご紹介」ページ(ステップ配信選択可能)からお申し込みください。

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    ぶっけん成安田 (日曜日, 23 4月 2017 19:20)

    【虚空から真空へ】
    空は長年で変化している、いつも見ていたようで見てなかった空。
    今見る空が一番素敵だ、好きになれるから見るようになった。
    若い頃の空は毎日有って当たり前、好奇心など知らない。
    朝が来て暮れていくだけの繰り返しのみんなの空しか知らなかった。
    しかし、朝が来ないことがあったら・・と思う頃から空を心配してあげた。
    そうしたら、知らないうちに空がこんなに素敵になった。
    これが「自分の空」

  • #2

    ぶっけん成安田 (日曜日, 23 4月 2017 19:49)

    忙しい、面倒くさい、と思う心は勇気が出ず怯えているためである。

  • #3

    ぶっけん成安田 (日曜日, 23 4月 2017 21:31)

    嘘とは真実には敵わないものなのでしょう。
    嘘であるならば、ほぼ真実に対しては神経を使わされることもあるでしょう。
    そこで虚空の必要性とは、女性の母なる大地に匹敵すると思うのです。
    しかし、女性の力だけでは成し得ないものも多いでしょう。
     
    それでも、男性にはなく女性にだけにある素晴らしさがあります。
    それは、女性の不可思議でとても神秘な虚空のことなのでしょう。

  • #4

    ぶっけん成安田 (木曜日, 24 8月 2017 09:22)

    妙音菩薩と釈迦牟尼仏は各々住んでいる国と風習が違います
    釈迦牟尼仏からの突然の招待アピールにこたえて妙音菩薩は即座に旅立つ実行を起こしました
    それはその日のうちに何も準備もないままに、優先第一は出会いの実行です
    どんな実行も心掛けだけ整えば達成できます