第7-5日 Vol.173  即ち爲に一切種智を説かず 【薬草喩品第五】(三十七~四十二行)

法華経 薬草諭品第五

 
★★ きょうの謎!
   
その謎1:終に空に帰するということは、元々の最初は空であって何もなく、解脱 
     相・離相・滅相・究竟涅槃常寂滅相などの相は無かったということでしょ
     うか?
 
その謎2:空に帰すということは、最初の空だけの状態に戻すことが佛の唯一の目的
     ということでしょうか?
 
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
■■第7-5日 Vol.173
 
 即ち爲に一切種智を説かず
 
  【薬草喩品第五】
  (三十七~四十二行)
 
■■今日の一偈一句
 
 カ  キモク ソウリンモロモロ ヤクソウトウ  シカ ミズカジョウチュウゲショウ シ   ゴト  ニョライ コ
 彼の卉木・叢林諸 の藥艸等の、而も自ら上中下の性を知らざるが如し。如來は是
 
   ソウ ミ  ホウ   シ   イワユル ゲダツソウ リソウ メッソウ クキョウネハン ジョウジャクメッソウ
 れ一相一味の法なりと知れり。所謂、解脱相・離相・滅相・究竟涅槃常寂滅相にし
 
  ツイ クウ キ   ホトケコ  シ オワ    シュジョウシンヨク カン  コレ ショウゴ  コ ユエ
 て終に空に歸す。佛是れを知り已れども、衆生の心欲を觀じて之を將護す。是の故
 
  スナワ タメ  サイシュチ ト   ナンダチカショウ ハナハ コ ケ ウ   ヨ ニョライ ズイギ セッ
 に即ち爲に一切種智を説かず。汝等迦葉、甚だ爲れ希有なり。能く如來の隨宜の説
 
 ポウ シ   ヨ  シン ヨ ウ   ユエ イカ  ショブツセソン ズイギ セッポウ サト ガタ
 法を知つて、能く信じ能く受く。所以は何ん、諸佛世尊の隨宜の説法は、解り難く
 
 シ ガタ
 知り難ければなり。
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
______________________________________
 
  1. 今 日 の 解 読 !  (苦)
______________________________________
 
これらに見る卉木(きもく:大樹)・叢林(そうりん:小樹)諸々の薬草等の、生類で
 
あっても自ら上中下の立場の性質を知らないことと同様である。如来はこのことを一
 
相一味の法にあることを知っている。いわゆる、解脱相・離相・滅相・究竟(くきょ
 
う:帰結する)涅槃は常に静寂な滅相となってやっと最終的なただ一つの目的である
 
空に帰することになるという難しい真実である。佛はこれを知り終われども、衆生の
 
心の欲求を観察しながらに将護(しょうご:運用監理しながら守護する)するのであ
 
る。これゆえにただちには一切の種類別の完全な知性能力を説かないのである。汝ら
 
そして迦葉よ、甚だこれぞ疑問にしてあり得ないことであろう。正しく如来の隨宜の
 
説法をよく知れば、正しく信じ正しくこれを受け入れることが出来る。なぜならば、
 
諸佛世尊の隨宜の説法は、解り難く知り難いものだからである。
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
______________________________________
 
  2. 今 日 の 説 法 !  (集)
______________________________________
 
この品の前回にも、如来の説法が一相一味であることと、それはいわゆる解脱相・離
相・滅相であって、それらが究竟、すなわち帰結して一切種智に至るということが書
かれていましたね。
 
今回はそのおさらいのようにも思えるのですが、解脱相・離相・滅相の次に究竟涅槃
常寂滅相などという新たな意味不明な用語が付属してきましたね。
この究竟涅槃常寂滅相とは一体何か?これを分解して考えますと、涅槃とは佛の滅度
後の悟りのようであり、恐らく正法以降の期間として佛はまだ存在していても姿は現
さず衆生と伴った活動は特にしていない状態だと考えられます。
 
ですから一応、この世に現れていた佛が活動を終え滅度している状況が常寂滅相であ
り、その様子が常に静寂なのであり、そしてそれが涅槃に入った状態なのであり、こ
の世に生じた一大事の解決を完成された後のさらに完全無欠な静寂状態へ至っていく
様子そのものが究竟なのでありましょう。
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
つまり、佛が涅槃に入るということは、入滅であって解脱相と離相を佛自身が完成し
たことを意味するのでしょう。
そして、それは佛だけが完成したのであって、残された衆生はまだ未完成なために佛
が滅度して居なくなることへの不安な動揺騒ぎを起こし出している状況が恐らく三番
目の滅相であると思います。
 
つまり、佛が入滅する頃にはいよいよ隠されていた真実が説き示されるという段階に
なり、一切衆生はその最終的で、かつ集約的な隨宜の説法を知ることにより、各々の
種智をようやく徐々に素直に受け入れることができるようになっていくのでしょう。
 
それにより佛は静かに涅槃に入られ、その涅槃後に佛は唯一ただこの世での出来事を
集約監理することで常に静寂さだけが増し続け、いずれこの世は元通り何もなかった
空な状態に帰していくことになる、つまり一切衆生が元通りに自ら種智を完全に取り
戻していくということになるのでしょう。
 
釈迦は、これが佛はすぐには一切種智を説かずという理由であると、汝等迦葉へ教え
ていると思えるのです。
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
______________________________________
 
  3. 今 日 の 謎 !   (滅)
______________________________________
 
まず、今日の謎を整理して見ることにしましょう!
   
その謎1:終に空に帰するということは、元々の最初は空であって何もなく、解脱 
     相・離相・滅相・究竟涅槃常寂滅相などの相は無かったということでしょ
     うか?
 
その謎2:空に帰すということは、最初の空だけの状態に戻すことが佛の唯一の目的
     ということでしょうか?
 

ご案内

★★ 今日も、お読みいただきありがとうございました ★★

 

本日品のその後の続き文、【今日の謎!の答え、解説など詳細満載】

 4. 今 日 の 知 識 !  (道)
 5. 今 日 の 解 脱 !  (解)

 6. 今 日 の 振 返 り ! (脱)

は、有料メールマガジン『ぶっけんの毎日ホッ法華経!DM328』(本月1か月分全品が無料付属)のご購読でお読みいただけます。お申し込みになる月が本日の品の月【7月中】の場合、本日の品が初月無料分の中に含まれています。

 

購読料:月々¥496円(消費税込み)・12ヶ月完成シリーズ

購入する!

ご購読希望の方はそのまま上記ボタン【通常配信・有料メルマガ申し込み用】をクリックしていただくか、もしくは「発行メールマガジン・SNSのご紹介」ページ(ステップ配信選択可能)からお申し込みください。

 

 上記ブログをお読みになった感想、ご案内への問い合わせ等、どんなことでも構いません、下記フォームに記載の上、送信してください。🌷このメッセージフォームでの記載内容は公開されません。公開用掲示板へのコメント投稿の場合はさらに下段のコメントフォームの方からお送りください。>

メモ: * は入力必須項目です

7-5