第7-12日 Vol.180  廣く衆生の爲に妙法を説かん 【提婆逹多品第十二】(二十九~三十四行)

ホームへ

 
★★ きょうの謎!
 
その謎1:提婆達多は釈迦の説明する時点ではこの世に存在していたのでしょうか?
 
その謎2:却って後無量劫を過ぎて成佛するとは、提婆達多はこの度死去すると成佛
     するまでの無量劫の間、再度は生まれてこないということでしょうか?
 
その謎3:恒河沙の衆生と無量の衆生との数の違いがあって、さらに再度、恒河沙の
     衆生としているのはその衆生の数には何か意味があるのでしょうか
 
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
■■第7-12日 Vol.180
  
 廣く衆生の爲に妙法を説かん
 
  【提婆逹多品第十二】
  (二十九~三十四行)
 
■■今日の一偈一句
 
 モロモロ  シュ ツ      ダイバダッタ サ  ノチムリョウコウ ス   マサ ジョウブツ
 諸 の四衆に告げたまわく、提婆逹多却つて後無量劫を過ぎて、當に成佛すること
 
  ウ    ナ テンノウニョライ オウグ ショウヘンチミョウギョウソクゼンゼイセケンゲ ムジョウジジョウゴジョウ
 を得べし。號を天王如來・應供・正遍知・明行足・善逝・世間解・無上士・調御丈
 
 ブ テンニンシ ブツ セソン      セカイ テンドウ ナヅ  トキ テンノウブツ ヨ ジュウ
 夫・天人師・佛・世尊といわん。世界を天道と名けん。時に天王佛、世に住するこ
 
    チュウコウ ヒロシュジョウ タメ ミョウホウ ト  ゴウガシャ シュジョウアラカンガ エ ムリョウ シュ
 と二十中劫、廣く衆生の爲に妙法を説かん。恒河沙の衆生阿羅漢果を得、無量の衆
 
 ジョウエンガクココロオコ  ゴウガシャシュジョウムジョウドウココロオコ ムショウニン エ  フタイテン ジュウ
 生縁覺の心を發し、恒河沙の衆生無上道の心を發し無生忍を得、不退轉に住せん。
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
______________________________________
 
  1. 今 日 の 解 読 !  (苦)
______________________________________
 
諸々の四衆に告げたまわく、提婆逹多はこの世を去って後に無量劫を過ぎて、まさに
 
成佛することを得べし。名號を天王如來・應供・正遍知・明行足・善逝・世間解・無
 
上士・調御丈夫・天人師・佛・世尊という。世界を天道と名づける。時に天王佛は、
 
世に住すること二十中劫の間、広く衆生の為に妙法を説く。恒河沙の衆生は阿羅漢に
 
なる結果を得、無量の衆生は縁覚の心を起こし、恒河沙の衆生は無上道の心を起こし
 
無生忍を得、不退転に住する。
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
______________________________________
 
  2. 今 日 の 説 法 !  (集)
______________________________________
 
前回、釈迦は王が仙人のところで修行したことを偈にした後、諸々の比丘に告げまし
た。
それは、仙人のもとで修行した王とは即ち釈迦自身であるということと、その時の仙
人とは今の提婆達多の本人であるということでした。
 
そして、提婆達多はとても善き友人であり、善なる知識へ導いてくれる思いやりある
指導者であったとも伝えました。
その提婆達多のおかげで釈迦は等正覚を成就することがあったとも教えました。
 
そして今回、釈迦は比丘・比丘尼・優婆塞・優婆夷のすべての四衆へ告げられました。
提婆達多は死去した後、無量劫を過ぎて、まさしく成佛するとのことです。
その名號を天王如来・應供・正遍知・明行足・善逝・世間解・無上士・調御丈夫・天
人師・佛・世尊というそうです。
そして、その天王如来の国の名は天道というそうです。
 
時に天王佛は、この世に住んでいる二十中劫の間、広く衆生のために妙法を説くとい
います。
それにより恒河沙数の衆生は阿羅漢、即ち声聞の修行過程の中で最高位に成れる果を
得れるようになり、無量の衆生は縁覚の心がけを起こし、恒河沙数の衆生は無上道、
即ちこの上ないさとりであって菩薩の心得により阿耨多羅三藐三菩提の心を起こし、
無生法忍、即ち諸法は本来、空であって、生ずることがないと明らかに認める能力を
得て、不退転、即ち後退し或いは逸脱しないことであり、転じて菩薩がある程度その
修行が進むとその後は地獄などの三悪道や二乗の地位に堕ちない状態で住するように
なるということです。
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
______________________________________
 
  3. 今 日 の 謎 !   (滅)
______________________________________
 
まず、今日の謎を整理して見ることにしましょう!
 
その謎1:提婆達多は釈迦の説明する時点ではこの世に存在していたのでしょうか?
 
その謎2:却って後無量劫を過ぎて成佛するとは、提婆達多はこの度死去すると成佛
     するまでの無量劫の間、再度は生まれてこないということでしょうか?
 
その謎3:恒河沙の衆生と無量の衆生との数の違いがあって、さらに再度、恒河沙の
     衆生としているのはその衆生の数には何か意味があるのでしょうか
 

ご案内

★★ 今日も、お読みいただきありがとうございました ★★

 

本日品のその後の続き文、【今日の謎!の答え、解説など詳細満載】

 4. 今 日 の 知 識 !  (道)
 5. 今 日 の 解 脱 !  (解)

 6. 今 日 の 振 返 り ! (脱)

は、有料メールマガジン『ぶっけんの毎日ホッ法華経!DM328』(本月1か月分全品が無料付属)のご購読でお読みいただけます。お申し込みになる月が本日の品の月【7月中】の場合、本日の品が初月無料分の中に含まれています。

 

購読料:月々¥496円(消費税込み)・12ヶ月完成シリーズ

購入する!

ご購読希望の方はそのまま上記ボタン【通常配信・有料メルマガ申し込み用】をクリックしていただくか、もしくは「発行メールマガジン・SNSのご紹介」ページ(ステップ配信選択可能)からお申し込みください。

 上記ブログをお読みになった感想、ご案内への問い合わせ等、どんなことでも構いません、下記フォームに記載の上、送信してください。🌷このメッセージフォームでの記載内容は公開されません。公開用掲示板へのコメント投稿の場合はさらに下段のコメントフォームの方からお送りください。>

メモ: * は入力必須項目です

7-12

コメントをお書きください

コメント: 5
  • #1

    安田 和正 (水曜日, 12 11月 2014)

    釈迦の大弟子の中の何人かは最後身で成佛すると授記さていますが、これらは皆、提婆達多と同じような罪人だったということでしょうか?

  • #2

    ぶっけん (水曜日, 12 11月 2014 12:54)

    ペンネームを成安から「ぶっけん」へ変更しました。
    今後もよろしくお願いします!

  • #3

    ぶっけん (日曜日, 12 11月 2017 09:21)

    提婆達多とは宇宙から舞い降りた大王のような恐ろしい存在ですね。
    釈迦はこの提婆達多のおかげで成仏が出来たと言っていますが、提婆達多はこの時点でまだ成仏はしていませんでした。
    提婆達多が将来成仏できた時、天王如来という仏に成ると釈迦は言っています。
     
    (ぶっけん 成安田)

  • #4

    ぶっけん成安田 (日曜日, 12 11月 2017 22:42)

    釈迦が恩師の提婆達多より先に成仏できたのは何故でしょうか?
    それは仙人の提婆達多よりも釈迦はかつて国王として国を詳しく知っていたためではないでしょうか?

    (ぶっけん 成安田)

  • #5

    ぶっけん (日曜日, 12 11月 2017 23:01)

    スチュワーデスは客門を使う❕
    (ぶっけん)