第11-1日 Vol.278  我此に住して 見聞すること斯の若く 【序品第一】(六十八~七十二行)

法華経 序品第一

★★ きょうの謎!
 
その謎1:弥勒菩薩は釈迦に見せられた東方諸国の情景から一目で知ったその状況

     を文殊師利へ説明しているのではなく、弥勒自身が今までこの娑婆世界

     に住んでいながら見て聞いてきている佛法の基本的在り方について先ず

     は知ってもらいたいということなのでしょうか?
   
その謎2:弥勒菩薩は今釈迦に見せられた他国の状況が、弥勒自身が今まで知って

     いる佛事の在り方と何ら変わらないはずだと言いたいのでしょうか?
 
 
■■第11-1日  Vol.278
 
 我此に住して 見聞すること斯の若く
 
  【序品第一】
  (六十八~七十二行)
 
■■今日の一偈一句
 
  モ  ヒトク オ   ロウビョウシ イト    タメ ネハン  ト   ショク サイ ツク
  若し人苦に遭うて 老病死を厭うには 爲に涅槃を説いて 諸苦の際を盡さ
  
     モ  ヒトフクア   カツ ホトケ クヨウ  ショウホウ シグ     タメ エンガク
  しめ 若し人福有つて 曾て佛を供養し 勝法を志求するには 爲に縁覺を
  
  ト   モ ブッシア   シュジュ ギョウシュ  ムジョウエ モト     タメ ジョウドウ
  説き 若し佛子有つて 種種の行を修し 無上慧を求むるには 爲に淨道を
  
  ト      モンジュシリ ワレココ ジュウ  ケンモン    カク ゴト  センノク ジ
  説きたもう 文殊師利 我此に住して 見聞すること斯の若く 千億の事に
  
  オヨ
  及べり

 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
____________________________________
 
  1. 今 日 の 解 読 !  (苦)
____________________________________
 
 もし人が苦に遭遇して 老病死を切なく思うには その為に涅槃の教えを説い
 
 て 諸々の苦の果てを尽くさしめ もし人が福有って かつて佛を供養してき
 
 たことで 勝法を志求するには その為に縁覚乗を説き もし佛子あって 種
 
 種の行を修して 無上慧を求めるには その為に淨道を説きたもう 文殊師利
 
  我はここに住して 見聞したことはこのようであり 千億の事に及ぶであろ
 
 う
       
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
____________________________________
 
  2. 今 日 の 説 法 !  (集)
____________________________________
 
前回まで、弥勒菩薩は釈迦佛が放った突如異様な光の事について、同じ会中に居
合わせていた文殊師利菩薩へその疑問を投げ掛けるように偈頌を作って説いてい
るのです。
 
これはとても長い長い偈なのですが、今回も更にその続きになります。
 
前回この偈は、釈迦の照らした東方一万八千の世界の情景の様子を表わしている
のでしたが、 その照らされた国々には諸佛が居て、その聖主の獅子たちが経典
の中でも微妙第一といわれるものを演説しておられ、その御声は清淨かつ柔軟で
あって諸々の菩薩に指導を行なっている様は壮大かつ穢れのない梵音が深妙に浸
透し、人がどうしても聞きたいと心から願わさせているそうです。
 
そして各世界に於て、正法を講和するのにさまざまな因縁が用いられ無量の喩え
をもって佛法を照明して、衆生の悟りを開かせている様子が観覧できると説きま
した。
 
今回は、その方便説法の仕組みとして、もし人が苦しみにもがいていて、老病死
の苦痛を切なく訴えているならば、その為には涅槃の教えを説いてあげ、諸々の
苦しみの果ての際までを尽くさせることを教え、もし人が福が有って、かつてに
佛を供養してきていることにより勝法を志願して求めているならば、その為には
縁覚乗の教えを説いてあげ、もしも佛子が居て様々な行を修めて無上慧を求める
ならば、その為に淨道を説いてあげるという、このように文殊師利菩薩に知らせ、
弥勒菩薩は自分でここに居住していて見聞してきたことはこのようなことであっ
て、それは千億の佛事にも及ぶことであると伝えました。 
  
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
____________________________________
 
  3. 今 日 の 謎 !   (滅)
____________________________________
 
まず、今日の謎を整理して見ることにしましょう!
   
その謎1:弥勒菩薩は釈迦に見せられた東方諸国の情景から一目で知ったその状
     況を文殊師利へ説明しているのではなく、弥勒自身が今までこの娑婆
     世界に住んでいながら見て聞いてきている佛法の基本的在り方につい
     て先ずは知ってもらいたいということなのでしょうか?
   
その謎2:弥勒菩薩は今釈迦に見せられた他国の状況が、弥勒自身が今まで知っ
     ている佛事の在り方と何ら変わらないはずだと言いたいのでしょうか?
 

ご案内

★★ 今日も、お読みいただきありがとうございました ★★

 

本日品のその後の続き文、【今日の謎!の答え、解説など詳細満載】

 4. 今 日 の 知 識 !  (道)
 5. 今 日 の 解 脱 !  (解)

 6. 今 日 の 振 返 り ! (脱)

は、有料メールマガジン『ぶっけんの毎日ホッ法華経!DM328』(本月1か月分全品が無料付属)のご購読でお読みいただけます。お申し込みになる月が本日の品の月【11月中】の場合、本日の品が初月無料分の中に含まれています。

 

購読料:月々¥496円(消費税込み)・12ヶ月完成シリーズ

購入する!

ご購読希望の方はそのまま上記ボタン【通常配信・有料メルマガ申し込み用】をクリックしていただくか、もしくは「発行メールマガジン・SNSのご紹介」ページ(ステップ配信選択可能)からお申し込みください。

 上記ブログをお読みになった感想、ご案内への問い合わせ等、どんなことでも構いません、下記フォームに記載の上、送信してください。🌷このメッセージフォームでの記載内容は公開されません。公開用掲示板へのコメント投稿の場合はさらに下段のコメントフォームの方からお送りください。>

メモ: * は入力必須項目です

11-1

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    安田 和正 (土曜日, 28 2月 2015 23:08)

    文殊は釈迦に合わせた、思う「ツボ」型。弥勒は舍利弗に合わせた、考える「コツ」型?