第12-12日 Vol.314  海に於て敎化せること其の事此の如し 【提婆逹多品第十二】(五十一~五十八行)

ホームへ

 
★★ きょうの謎!
 
その謎1:文殊師利菩薩は序品第一以来、ここで初めてまた再登場してきたので

     しょうか?
 
その謎2:娑竭羅龍王とは序品第一で紹介されている八龍王の一王らしいですが、

     八龍王とは八方世界のうちの一つの世界毎に住んで居るのでしょうか?
 
その謎3:文殊師利菩薩は「且く須臾を待て」など、釈迦佛と同じ言葉をよく使っ

     ているようですが、釈迦の分身佛なのでしょうか? 
 
 
■■第12-12日  Vol.314
 
 海に於て敎化せること其の事此の如し
 
  【提婆逹多品第十二】
  (五十一~五十八行)
 
■■今日の一偈一句
 
 チシャクボサツ モンジュシリ  ト   キミ リュウグウ ユ  ケ  トコロシュジョウ ソ カズイクバク
 智積菩薩、文殊師利に問わく、仁、龍宮に往いて化する所の衆生、其の數幾何
 
   モンジュシリ  イ   ソ カズムリョウ   ショウケイ ベ   クチ  ノ  トコロ アラ 
 ぞ。文殊師利の言わく、其の數無量にして稱計す可からず。口の宣ぶる所に非
 
  ココロ ハカ トコロ アラ  シバラシュユ  マ オノズカ マサ ショウ    ショゴンイマ オワ
 ず、心の測る所に非ず。且く須臾を待て。自ら當に證あるべし。所言未だ竟ら
 
     ムシュ ボサツ ホウレンゲ ザ  ウミ  ユジュツ リョウジュセン モウ コクウ ジュウザイ
 ざるに、無數の菩薩寶蓮華に坐して海より涌出し、霊鷲山に詣でて虚空に住在
 
    コ モロモロ  ボサツ ミナ コ モンジュシリ  ケド トコロ   ボサツ ギョウ グ
 せり。此の諸 の菩薩は、皆是れ文殊師利の化度せる所なり。菩薩の行を具し
 
  ミナトモ ロクハラミツ  ロンゼツ モトショウモン   ヒト コクウ ナカ  ア ショウモン ギョウ ト
 て皆共に六波羅蜜を論説す。本聲聞なりし人は虚空の中に在つて聲聞の行を説
 
   イマミナダイジョウクウ ギ シュギョウ モンジュシリ チシャク イ  イワ  ウミ オイ キョウケ
 く。今皆大乘の空の義を修行す。文殊師利、智積に謂つて曰く、海に於て敎化
 
     ソ ジカク ゴト
 せること其の事此の如し。
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
____________________________________
 
  1. 今 日 の 解 読 !  (苦)
____________________________________
 
智積菩薩は、文殊師利に問いかけた、君、龍宮に行っていて教化する所の衆生は、
 
その数どれほどなのか。文殊師利の言うには、その数は無量にして測り知ること
 
ではない。口で説明できる所でもない、心の測れる所でもない。今しばらく時間
 
を待て。自ら明らかに知らされるだろう。その言葉が未だ終わらないうちに、無
 
数の菩薩が宝蓮華に座して海より涌出し、霊鷲山に詣でて虚空に浮かんだまま留
 
まっていた。この諸々の菩薩は、皆これ文殊師利の化度した所である。菩薩の行
 
を具足して皆共に六波羅蜜を論説するに至っている。元声聞であった人は虚空の
 
中に留まって声聞の行を説く。今は皆大乗の空の義を修行している。文殊師利は、
 
智積に驕って申した、海に於て教化するというその佛事は見ての通りだ。 
  
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
____________________________________
 
  2. 今 日 の 説 法 !  (集)
____________________________________
 
前回、いよいよ文殊師利菩薩が登場してきました。
文殊師利と倶の菩薩は、大海の娑伽羅龍王の宮から大きな蓮華に座ったまま、自
然に涌出して、そして虚空の中に浮かび、霊鷲山に参詣してその蓮華より降りて
佛前に深く敬礼し終わると、智積菩薩に丁寧に慰問したのでした。
 
今回は、さっそく智積菩薩は文殊師利に問いました、
「君、龍宮に往って教化する所の衆生はその数どれほど居るのですか。」
文殊師利の言うには、
「その数は無量にして計算することはできない。口で説明できる所ではなく、心
で測れる所でもない。しばらくの間待て。自らにはっきり悟れることができる」
 
その言葉がまだ終わらないうちに、無数の菩薩が宝蓮華に座して海より涌出し、
霊鷲山に参詣して虚空に留まって浮かんでいた。
この諸々の菩薩は、皆この文殊師利の化度した所である。
皆菩薩の行を具足して共に六波羅蜜を論説できる位である。
元は声聞であった人は虚空の中に在して声聞の行を説法している。
今では皆大乗としての空の義を修行している。
 
そして、文殊師利は、智積に誇らしげに申した、
「海に於て教化することとはその佛事とはざっと見ての通りである」
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
____________________________________
 
  3. 今 日 の 謎 !   (滅)
____________________________________
 
まず、今日の謎を整理して見ることにしましょう!
 
その謎1:文殊師利菩薩は序品第一以来、ここで初めてまた再登場してきたので
     しょうか?
 
その謎2:娑竭羅龍王とは序品第一で紹介されている八龍王の一王らしいですが、
     八龍王とは八方世界のうちの一つの世界毎に住んで居るのでしょうか?
 
その謎3:文殊師利菩薩は「且く須臾を待て」など、釈迦佛と同じ言葉をよく使
     っているようですが、釈迦の分身佛なのでしょうか? 
 

ご案内

★★ 今日も、お読みいただきありがとうございました ★★

 

本日品のその後の続き文、【今日の謎!の答え、解説など詳細満載】

 4. 今 日 の 知 識 !  (道)
 5. 今 日 の 解 脱 !  (解)

 6. 今 日 の 振 返 り ! (脱)

は、有料メールマガジン『ぶっけんの毎日ホッ法華経!DM328』(本月1か月分全品が無料付属)のご購読でお読みいただけます。お申し込みになる月が本日の品の月【12月中】の場合、本日の品が初月無料分の中に含まれています。

 

購読料:月々¥496円(消費税込み)・12ヶ月完成シリーズ

購入する!

ご購読希望の方はそのまま上記ボタン【通常配信・有料メルマガ申し込み用】をクリックしていただくか、もしくは「発行メールマガジン・SNSのご紹介」ページ(ステップ配信選択可能)からお申し込みください。

 上記ブログをお読みになった感想、ご案内への問い合わせ等、どんなことでも構いません、下記フォームに記載の上、送信してください。🌷このメッセージフォームでの記載内容は公開されません。公開用掲示板へのコメント投稿の場合はさらに下段のコメントフォームの方からお送りください。>

メモ: * は入力必須項目です

12-12

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    安田 和正 (月曜日, 13 4月 2015 00:08)

    『永く眠っていた財宝・十方分身諸佛』

  • #2

    Katharine Jeanbaptiste (水曜日, 01 2月 2017 14:05)


    I've been exploring for a little for any high-quality articles or weblog posts on this sort of area . Exploring in Yahoo I at last stumbled upon this site. Reading this info So i am glad to express that I've an incredibly excellent uncanny feeling I found out just what I needed. I such a lot indisputably will make certain to don?t fail to remember this web site and provides it a look regularly.

  • #3

    Tam Struck (金曜日, 03 2月 2017 06:01)


    Quality articles or reviews is the crucial to be a focus for the people to go to see the web page, that's what this site is providing.