第8-14日 Vol.210  菩薩の行處 智者の所親近處 【安楽行品第十四】(四十八~五十二行)

安楽行品第十四 法華経


★★ きょうの謎!
 
その謎1:上中下の法・有為無為・実不実の法とは何でしょう?
 
その謎2:菩薩と智者は違うのでしょうか?
 
 
 
■■第8-14日  Vol.210
 
 菩薩の行處 智者の所親近處
 
  【安楽行品第十四】
  (四十八~五十二行)
   
■■今日の一偈一句
 
  コ   ショ モッ  ヨ アンラク ト  マタマタ ジョウチュウゲホウ ウイ  ムイ  ジツ フ
  此の二處を以て 能く安樂に説け 又復 上中下の法 有爲・無爲 實・不
 
  ジツ ホウ ギョウ   マタコ ナン コ ニョ フンベツ    ショホウ エ   シ  ミ
  實の法を行ぜざれ 亦是れ男 是れ女と分別せざれ 諸法を得ず 知らず見
 
    コ スナワ ナヅ  ボサツ ギョウショ    サイ ショホウ  クウ   ショウ
  ず 是れ則ち名けて 菩薩の行處とす 一切の諸法は 空にして所有なし 
 
  ジョウジュウ     マタキメツ    コ  チシャ  ショシンゴンショ ナヅ
  常住あることなく 亦起滅なし 是れを智者の 所親近處と名く

 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
____________________________________
 
  1. 今 日 の 解 読 !  (苦)
____________________________________
 
 この二處をもって 上手く安楽に説け またまた 上中下の法 有爲・無爲 
 
 実・不実の法などをもう行じないように またこれは男 これは女と分別する
 
 こともやめよ 諸法を得ようとすぜ 知らず見ずで過ごす これをすなわち名
 
 付けて 菩薩の行處とする 一切の諸法は 空にして実体をなす有はなし 常
 
 に存在することがなく また起滅なし これを智者の 所として親近處と名付
 
 く
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
____________________________________
 
  2. 今 日 の 説 法 !  (集)
____________________________________
 
前回まで釈迦は文殊師利菩薩へ、行處と親近處の説明をしていましたが、厳しい
修行をする者にとってその者の自身でする行ないと、どういう他人との親交を深
めるかによって、それこそがその者、或いは社会に大きな影響を与える重大要素
であるから心から戒めなさいという、念には念を入れての説教のようでしたね。
 
ですから行處・親近處の處とは獄刑な鑑別所みたいな意味ではないかと私は話し
ていました。
 
今回はこの二つの處を合理的に用いて安楽を解明せよとのことです。
その際に今更にしてまだまだ上中下の法・有為無為・実不実の法をそのまま行な
うことをやめなさいと言っています。
 
また、これが男であってこれが女などといったような分別はしてはならず、諸法
を得たいとはせず、知ることもないし見ることもしない、こういうことをすなわ
ち菩薩の行處と言うのであると釈迦は説かれました。
 
それから、一切すべての諸法は空であり、そのままその存在を有しないのであっ
て、常に存在することはあり得なく、また生と滅もない、これを智者の所である
親近處というのであると説かれました。
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
____________________________________
 
  3. 今 日 の 謎 !   (滅)
____________________________________
 
まず、今日の謎を整理して見ることにしましょう!
 
その謎1:上中下の法・有為無為・実不実の法とは何でしょう?
 
その謎2:菩薩と智者は違うのでしょうか?
 

ご案内

★★ 今日も、お読みいただきありがとうございました ★★

 

本日品のその後の続き文、【今日の謎!の答え、解説など詳細満載】

 4. 今 日 の 知 識 !  (道)
 5. 今 日 の 解 脱 !  (解)

 6. 今 日 の 振 返 り ! (脱)

は、有料メールマガジン『ぶっけんの毎日ホッ法華経!DM328』(本月1か月分全品が無料付属)のご購読でお読みいただけます。お申し込みになる月が本日の品の月【8月中】の場合、本日の品が初月無料分の中に含まれています。

 

購読料:月々¥496円(消費税込み)・12ヶ月完成シリーズ

購入する!

ご購読希望の方はそのまま上記ボタン【通常配信・有料メルマガ申し込み用】をクリックしていただくか、もしくは「発行メールマガジン・SNSのご紹介」ページ(ステップ配信選択可能)からお申し込みください。

 上記ブログをお読みになった感想、ご案内への問い合わせ等、どんなことでも構いません、下記フォームに記載の上、送信してください。

メモ: * は入力必須項目です

8-14